昭和天皇が死刑になってたら日本はどうなった?

1名無しさん@お腹いっぱい。2011-12-10 19:46:11

日本は血で血を洗う修羅場になってただろうよ

82名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-06 10:57:52

>>1

アメリカに対する恨みが永久的に残って親米国家にはならなかっただろうね。

ロシアから核兵器を密輸し必ず核武装してアメリカと中国に報復していたでしょう。

474名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-15 05:59:40

>>1 尊王攘夷運動が勃発しただろうな。

712名無しさん@お腹いっぱい。2013-06-20 16:38:13

>>1

じゃあよ、何故あそこまでしたとされる天皇陛下がよ、アメリカに殺されなかったか

考えたら平均よりちょっと知能が上の人は「あぁ、そういう事だったのか!」って解るんよ。

767名無しさん@お腹いっぱい。2015-08-09 19:00:55

>>1

こいつか

57名無しさん@お腹いっぱい。2011-12-20 08:43:26

「死刑廃止論者は、死刑廃止国の警官は武器を捨てない犯罪者は

容赦なく射殺していることには、まったく無関心だ。いっそ日本も、

死刑を廃止して、警官による射殺を大いに容認したらどうだ」

小説「金賞の風景画」より

楽天Boook Storeにて、On Sale !

61名無しさん@お腹いっぱい。2011-12-22 06:30:58

>>57

こういうのをみておもうのだが、死刑存続派は警官や人質に犠牲がでても立てこもり犯は

逮捕すべきとおもっているのだろうか。かれらこそすぐ射殺しろといいそうなものだが。

83名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-06 12:43:33

>>82

日本人はそんなことしない。

天皇の経費分法人税減税してさらなる経済大国になってた。

84名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-06 18:28:17

>>78>>83

宮内庁関連の予算は年間180億円に満たない程度。

年間国家予算を80兆円とし、宮内庁予算を200億円弱としても、全体の

0.025%未満でしかない。

この規模では法人税減税などの原資になるわけがない。

>>81

君主制やそれに類似するものの有無は、近代国家の条件ではありませんよ。

92名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-07 10:47:57

>>84

時価2000億円の皇居その他を忘れてるよ。

85名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-06 19:56:28

年間300日を越えるご公務と100回をこえる外国要人接遇や

国内での栄典・褒章等の歳費をぜんぶ皇室経費でまかなっている

わけだから、じっさいギリギリなんじゃないだろうか。

まさか海外要人が訪日してきて晩餐会などになったさいに、会費なんか

取るわけにもいかないしねw1回で200人ほども集まれば800万円〜くらい

軽く飛びますわな。ましてや記念品まで渡すわけで。国家の名誉を象徴

するということは経費がかかりますです。

86名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-06 21:12:23

>>85

実際、ギリギリだそうですよ。

寛仁親王殿下のところは、運転手が給料安すぎてやめるやめないの話になったとか。

記念品とかは外務省なり内閣府なりの予算でできるだろうけど、普段の生活や公務は

そうもいかないだろうしねぇ。

個人的には、皇室の規模がそのままでも5割り増しくらいしてもいいのでは、と思います。

旧皇族復帰で皇族が増えたとしても、年間500億円程度でほぼ賄えるでしょう。

94名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-07 10:53:02

>>86

旧皇族復帰なんて一部の基地外が唱えてるだけで実現性は全くないよ

87名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-07 00:34:14

法人税減税した方がましだな。

88名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-07 05:16:23

おなじ言うなら宮内庁の歳費に切り込むまえに、外務省海外公館の歳費カットが先だろw

韓国大使館と総領事館なんか全部廃止しちまえw

89名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-07 05:17:31

だいいち、アメリカ国内に日本総領事館が14くらいあるはずだが

おおすぎんだよ。連絡事務所に格下げするだけで100億くらい浮くはず。

91名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-07 08:09:14

>>87 >>84を再読のこと。

>>88>>89

まぁ、本来の外交の仕事をしてくれれば、現状かそれよりやや大きめの予算規模でも

いいと思いますよ。本来の仕事をしてくれれば、ね。

予算削減なら子供手当とか高校無償化などのバラマキをやめればいいんだし。

>>90

スパイ防止法の制定は急務ですよね。

115名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-07 11:40:35

>>92

そんなこと知ってるよ。国有財産だということも含めて、ね。

皇室用財産が国有財産であることがおかしいと思うなら、国有財産法の変更でも

提言すれば? 誰がまともに取り合うかは知らないけどw

>>94

そちらの主観など、知った事じゃありませんねw

99名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-07 11:19:39

皇室財産で戦後に国有化されたもののリストが載ってる↓

皇室の私的財産というのは、ほんとうに私的なもので、寄付を受けたものだとか、

皇族が執筆した出版物だとか、不意の出費のために持っている貯金とか。

これには所得税や印税がかかり、死亡したときには当然相続税がかかる。

100名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-07 11:23:50

>>99

皇居は「皇室用財産」になってるよね。ほかにも御用邸を腐るほど持ってる。

周知の国有財産法上の区別を無視して議論をミスリードしないようにね。

111名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-07 11:32:42

>>99

大量の金融資産は私的資産じゃないの?

確か相続税を払ってた記憶があるんだが。

102名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-07 11:26:07

>>100 いやいや「国有財産」としての皇室財産だよ。ぜんぶ国庫財産になります。

まぎらわしい言い方になるが、国有財産は国有財産です。

105名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-07 11:29:22

>>102

第三条  国有財産は、行政財産と普通財産とに分類する。

2  行政財産とは、次に掲げる種類の財産をいう。

一  公用財産 国において国の事務、事業又はその職員(国家公務員宿舎法 (昭和二十四年法律第百十七号)第二条第二号 の職員をいう。)の住居の用に供し、又は供するものと決定したもの

二  公共用財産 国において直接公共の用に供し、又は供するものと決定したもの

三  皇室用財産 国において皇室の用に供し、又は供するものと決定したもの

四  企業用財産 国において国の企業又はその企業に従事する職員の住居の用に供し、又は供するものと決定したもの

3  普通財産とは、行政財産以外の一切の国有財産をいう。

>皇室用財産 国において皇室の用に供し、又は供するものと決定したもの

用途決まってんだけど。

107名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-07 11:30:58

>>105 しらんがなww法律がおかしいとおもうなら議会で質問してくれ議会でww

114名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-07 11:34:41

>>111 昭和天皇の崩御のときは今上は4億ほど課税されたそうですね。

195名無しさん@お腹いっぱい。2012-03-18 19:42:27

天皇が処刑されてたら更なる経済大国になってた。

233名無しさん@お腹いっぱい。2012-04-27 22:30:02

江戸幕藩体制なんて江戸中央政府の独裁じゃん。

ネトウヨって脳みそにクソでもつまってんじゃないの?

ウヨ学者の言い分をそのままリピートするしか出来ないしさ。

234名無しさん@お腹いっぱい。2012-04-27 22:42:29

>>233 幕府に各藩に対する警察権はなかった。それで幕府は仮想敵国に隠密(スパイ)を送り込んだりする必要があった。

つまり藩は半独立国だったということだ。シナ・朝鮮の朝廷独裁とは全然異なる。

235名無しさん@お腹いっぱい。2012-04-27 22:49:12

>>234

江戸時代なんてまさに象徴天皇制だったしね

でも明治〜戦後までは天皇を神様として扱ってたけど独裁体制だったよな

236名無しさん@お腹いっぱい。2012-04-28 00:10:13

>>234

警察権がないことは単にその時代の技術・交通の限界によって扼されたもんであって

国内で考えられる限界としての独裁ではあったじゃん。

ウンコ朝廷は、その幕府独裁にたいしてなんか抑制均衡の役目を果たしたかというと

まったくそんなこともないし。

朝廷の存在によって独裁者が生まれないというのはウンコウヨの妄想wwwwww

248名無しさん@お腹いっぱい。2012-05-10 10:37:13

>>235 そういう意味では戦後と江戸時代がつながっていて伝統的な国体といえる。

明治から敗戦までは第二次建武の新政とでも解釈できる。

240名無しさん@お腹いっぱい。2012-04-29 06:33:25

>>236

「独裁」の定義は?

299名無しさん@お腹いっぱい。2012-05-28 15:06:11

あと昭和天皇が「沖縄をやるんで命だけは助けてください」というのの出典を要求します。

捏造したり言い訳だったりは無用ですよ。

302名無しさん@お腹いっぱい。2012-05-29 16:54:55

>>299

主題:琉球諸島の将来に関する日本の天皇の見解

国務長官殿 在ワシントン

拝啓

天皇のアドバイザーの寺崎英成氏が同氏自身の要請で当事務所を訪れたさいの同氏との

会話の要旨を内容とする一九四七年九月二十日付けのマッカーサー元帥あての自明の覚え

書きのコピーを同封する光栄を有します。

米国が沖縄その他の琉球諸島の軍事占領を続けるよう日本の天皇が希望していること、

疑いもなく私利に大きくもとづいている希望が注目されましょう。また天皇は、長期租借による、

これら諸島の米国軍事占領の継続をめざしています。その見解によれば、日本国民はそれに

よって米国に下心がないことを納得し、軍事目的のための米国による占領を歓迎するだろうと

いうことです。

敬具

合衆国対日政治顧問 代表部顧問

W.J.シーボルト

東京 一九四七年九月二十二日

300名無しさん@お腹いっぱい。2012-05-29 04:45:13

平清盛を見ていたら皇族って・・・

という気持ちになるね。

301名無しさん@お腹いっぱい。2012-05-29 10:19:02

>>300 時の実力者に取り入ることの天才だね。だからこそ

存続してきた。昨日までの忠臣に何のためらいもなく討伐の勅を出す。

マックアーサーも上洛してきた夷でGHQという幕府を天皇の権威で開いた。

占領期間も国体になんら変化が無い。明治から敗戦までが第二次建武の新政

みたいなカルトの時代で、敗戦で旧に復したと言える。

427名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-01 20:41:04

まあ天皇自体チョンだしな

429名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-02 21:09:46

>>427 陰謀論に陰謀論を塗り重ね

452名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-13 09:50:41

先帝陛下はお飾りどころか戦後も意外と政治力を有していたことがわかる。

主題 琉球諸島の将来にかんする日本の天皇の見解

国務長官殿 在ワシントン

拝啓

天皇のアドバイザーの寺崎英成氏が同氏自身の要請で当事務所を訪れたさいの同氏との

会話の要旨を内容とする1947年9月20日付のマッカーサー元帥あての自明の覚書のコピー

を同封する光栄を有します。

米国が沖縄その他の琉球諸島の軍事占領を続けるよう日本の天皇が希望していること、

疑いもなく私利に大きくもとづいている希望が注目されましょう。また天皇は、

長期租借による、これら諸島の米国軍事占領の継続をめざしています。

その見解によれば、日本国民はそれによって米国が下心がないことを納得し、

軍事目的のための米国による占領を歓迎するだろうということです。

敬具

合衆国対日政治顧問 代表部顧問

W・J・シーボルト

東京  1947年9月22日

454名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-13 10:22:58

>>452 また泣かされに出てきたの?

461名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-14 13:48:51

朝鮮人は、もはや日本国籍を剥奪されたんだから、

いいかげん皇室のことはあきらめたら?きみら、もう外国人だよ?

507名無しさん@お腹いっぱい。2012-12-13 11:47:11

>>461 朝鮮統治時代に朝鮮人が日本国籍を持っていたと信じているのか?

512名無しさん@お腹いっぱい。2013-01-11 14:07:17

>>507 国際法上も国内法上も帝国臣民でしたけど、きみのご先祖さまは何人だったわけ?w

515名無しさん@お腹いっぱい。2013-01-12 08:32:30

>>512

朝鮮籍に選挙権はあったのか? 日本国籍はあったけど

戸籍は内地の日本人とは別だった。

516名無しさん@お腹いっぱい。2013-01-12 14:10:16

>>515

内地に住所があれば選挙権も披選挙権もあって朴春琴という人が東京府で立候補して衆議院議員を二期勤めている。この人は日本風氏名には変えず朴春琴として立候補して当選した。

内地籍でも朝鮮に住所があると選挙権や披選挙権が無かった。

531名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-17 18:03:23

オーストラリア、ソ連は死刑を希望していて、

アメリカも真っ二つに割れてたのが現実です。

結局、マッカーサーの個人的資質によるところが大きかった印象。

日本人は上が誰であろうと従順に従うのがメンタリティですから、

天皇殺したら統治に支障という理屈は、自我がシッカリしてる欧米基準で

日本を判断した誤った理屈だったような気もする。

532名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-17 21:39:37

>>531

問題は上のほう。

天皇を死刑にしたら保守〜中道までが占領統治に協力しなかったかも。

534名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-17 23:20:13

>>532

実は上のほうこそ、「退位は当然、処刑もするやむなし」といった空気でしたよ。

当時の思潮は小熊「民主と愛国」に詳しいが、国粋主義者・保守・左派問わず

天皇の道義上の責任については負うべきというのがマジョリティ。

岸信介始め天皇が処刑されたらとばっちりを食らいそうな後ろめたい人たちが

暗躍しだすのは、米軍のケツをなめるように取り入って安全を保障されてからですから。

ま、責任を取らず、その上保身のために国を売るんですから二重に売国奴。

天皇処刑はこいつらを復活させないという効果もあったんですよね。本来。

当時アメリカが恐れたのは一部ファナティックな狂信者と庶民の感情的な反感であって、

狂信者が暴れるのは多分そのとおり、庶民は上が誰になろうとも柔軟に奴隷根性を発揮すると

思われますので、この点は読み間違いくさい。

535名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-17 23:31:24

昭和20年2月14日に近衛文麿は敗戦を確信して天皇に上奏文を出し、敗北による早期終結を決断するように求めたが、

天皇は「もう一度敵をたたき、日本に有利な条件を作ってから」の方がよいと判断、これを拒否したという。

田村謙(松山大学教授). “近衛文麿の上奏文(抜粋)”. 外務省編『日本外交年表竝主要文書』下.

>>534

イギリスがまず、ドイツ皇帝を追放してドイツがああなったことから、天皇の処刑に反対。

アメリカも10年ほど前公開された秘密文書によると、ミッドウェーの勝利直後から天皇の平和利用を検討。

そして、昭和天皇自体が、必死こいて天皇制の維持のため工作活動をした。

536名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-17 23:34:40

>>535

アメリカさんは二派に分かれてたんですよ。

マ元帥閣下の個人的思惑に引きずられるような格好で

天皇利用派が勝利したわけです。

544名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-23 00:03:23

それは昭和天皇を美化し過ぎではないの?

当時12歳だった今の天皇に位を譲るというのはありえない

話だったわけだから、昭和天皇の退位は天皇制廃止という流れになる。

昭和天皇自身の利益と軍部の一部の利益が合致しただけだよ。

昭和天皇は悪い人でもないが良い人とか英雄的な人ではない。

優柔不断で私利私欲もある普通の人。

545名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-23 08:55:58

>>544

天皇は普通の人ではあるが 優柔不断ではない 君臨すれど統治せずという考えが

皇室に代々あったから反戦の意思表示はしたが後は任せていた 総理大臣が腰抜け

で天皇の意思を反映できなかった

天皇が存続できたのは玉音放送で 今まで死ぬまで戦っていた日本兵が割りとスムーズに

武装解除したから利用できると連合軍が判断した また玉音放送の内容も敗戦国のリーダー

の発言とは思えないくらい立派な内容だった 敗北した王は逃げるのが普通

敗戦宣言した上に死んだ者に追悼の意を表し礼節を忘れずに復興するようにメッセ

ージを国民に送った 古今東西前代未聞の天皇にしかできなかったことだ

利用された面もあるが人徳で生き残ったともいえる

553名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-23 19:28:25

>>545

お前知らないのか。昭和帝が具体的な作戦行動(宜昌作戦、インパール作戦などなど)でも

首を突っ込みまくりで足をひっぱりまくりだったのも。

ほんと洗脳されすぎで怖いね。

556名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-23 19:41:16

>>545

>天皇が存続できたのは玉音放送で 今まで死ぬまで戦っていた日本兵が

>割りとスムーズに武装解除したから

おまえ、外地で実際に戦闘してた連中が玉音放送なんて聞いたと思ってんのか?

あと内容が立派も何も、かっこつけて「未来のために戦争終わらせてやるよ」という

ハア?な内容で、国内の日本人も昭和天皇が何言ってるかさっぱりな漢文調で

昭和天皇滑舌悪いし、煙に巻くき満々の全然よくない玉音放送だよね。

あと、他に比べて立派もなにも、他の国でああいう放送をヌケヌケとやらかして

生き延びた天皇なんているの?

当時知的エリートだったうちの祖父なんて、あの玉音放送は失笑モノだったって言ってたよ。

567名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-24 00:09:56

天皇は君臨すれども統治せずを徹底していた 戦前戦中も政治に意見を言うが

決定するのは政治家たちだった なぜなら天皇の勅令を乱発しては何の効果も

なくなるからだ 勅令は天皇の最後の切り札であった 実際に国を動かしていたのは

天皇ではない 国が行き詰ってどうにもならなくなったときだけ勅令をだしていた

それ以外は天皇でも勝手に国を動かすことはできなかった

玉音放送は直接意味がわからなくても 分かる人が敗戦したことを迅速に伝えたから

意義は大きい

568名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-24 00:33:24

>>567

無知すぎるよ。

宜昌作戦でぐぐってみ。

570名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-24 03:11:49

>>568

宜昌作戦で天皇が言ったのは御内示つまり公的ではない意見だ

決めたのは大本営

後 >>567は勅令ではなく勅命だった すまん

573名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-24 09:22:44

>>570

軍事はすべて天皇の言うとおり、もしくは天皇が許可した通りに

動きます。

だから、天皇は「軍事」については全権を持っているのだから、

だからこそ、変な作戦だと思っても天皇が意見をいったらその通りになる。

226事件でも明らかだよ。

天皇の内示=絶対。変な言い訳するなよ。

578名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-25 04:16:38

東条英機は、太平洋戦争前に、内閣の下位組織の研究所がアメリカと戦争したら100%負けると

いう報告をしたのにもみ消したよね。「負ける」という研究結果を公にするなと。

東条英機「諸君の研究の労を多とするが、これはあくまでも机上の演習でありまして、実際の戦争

というものは、君達が考えているやうな物では無いのであります。日露戦争で、わが大日本帝国は

勝てるとは思はなかつた。しかし勝つたのであります。あの時も列強による三国干渉で、やむに

やまれず帝国は立ち上がつたのでありまして、勝てる戦争だからと思つてやつたのではなかった。

戦といふものは、計画通りにいかない。意外裡な事が勝利に繋がつていく。したがって、諸君の

考へている事は机上の空論とまでは言はないとしても、あくまでも、その意外裡の要素といふも

のをば、考慮したものではないのであります。なお、この机上演習の経緯を、諸君は軽はずみに

口外してはならぬということであります。」

603名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-26 00:36:50

>>578 これが言論弾圧でないとでも?

東条英機「諸君の研究の労を多とするが、これはあくまでも机上の演習でありまして、実際の戦争

というものは、君達が考えているやうな物では無いのであります。日露戦争で、わが大日本帝国は

勝てるとは思はなかつた。しかし勝つたのであります。あの時も列強による三国干渉で、やむに

やまれず帝国は立ち上がつたのでありまして、勝てる戦争だからと思つてやつたのではなかった。

戦といふものは、計画通りにいかない。意外裡な事が勝利に繋がつていく。したがって、諸君の

考へている事は机上の空論とまでは言はないとしても、あくまでも、その意外裡の要素といふも

のをば、考慮したものではないのであります。なお、この机上演習の経緯を、諸君は軽はずみに

口外してはならぬということであります。」

605名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-26 00:45:55

>>603

まずその東条の発言だが

東条が本当にそのように発言したと言う根拠が無い。

捏造の疑いが濃厚だな。

そもそも、その機関は内閣の教育機関で

現実の戦争を研究なんかして無いだろ。

仮想の研究で、現実の戦争と

全く関係ないシュミレーションだな。

そもそも統帥部ではない内閣に

現実の作戦を研究するような情報は無い。

そもそも言論機関への弾圧じゃないわな

606名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-26 00:58:19

>>603

机上演習の結果を口外しないように通達するのが言論弾圧w

何で、無条件に演習結果を情報公開せねばならんのw

この手の話のときは、国家総動員法を根拠とする言論出版機関への統制事例を挙げるんじゃないのかw

670名無しさん@お腹いっぱい。2013-05-31 16:59:27

自分のとこの歴代大統領のことも知らんねか。

671名無しさん@お腹いっぱい。2013-06-02 16:47:05

>>670

それを言い出したら(議論的には)日本の完敗。

韓国はいずれ恩赦とかにするにしても退任後に在任中の不正を暴いて犯罪者扱いしているからね。

政治的には三流でも法的には日米よりははるかに良い国ということになってしまう。

(「政治的」と「法的」の区別がつかないのが日本人の最大の弱点)

ニクソンは法的には犯罪行為をして退任後に訴追して有罪にすべきというのが

法的には正しいが恩赦にしてしまうのが政治的には正しい(というのがアメリカ人の主流)

というのと似たようなもの。

672名無しさん@お腹いっぱい。2013-06-02 23:09:34

>>671

初代大統領李承晩は耽羅独立運動弾圧で7万、保導連盟事件で160万虐殺して国民防衛軍事件で9万人餓死させて余生はハワイで過ごしてる。

673名無しさん@お腹いっぱい。2013-06-03 19:44:03

>>672

国外へ亡命している。

それ以上韓国を褒めるのはやめたほうがいいと思うけど。

元首などの在任中の罪を退任後に追及するべき、という立場ならね。

いわゆる先進国ではそういうことは野蛮というのが政治的には常識化

していて逆にきちんと責任追及するのは野蛮行為とされているけどね。

676名無しさん@お腹いっぱい。2013-06-03 22:15:20

>>673

三選を達成した李承晩の事績は、事後亡命に追い込んだり吊しても胸を張る理由には成らないといういい例だ。

比較に成らない素養と経歴を持った李垠が温存されていたというのにだ。

675名無しさん@お腹いっぱい。2013-06-03 21:57:32

かわいそうな韓国は、はやく一等国になれるといいねw

679名無しさん@お腹いっぱい。2013-06-04 10:29:18

>675

観光客などの日本人は高感度でよい。

韓国は論外だが、欧米の先進諸国の政府レベルでは日本も途上国扱い。

日本人のエコノミック・アニマルの印象は根深い。

684名無しさん@お腹いっぱい。2013-06-05 11:29:36

>>679

欧米から見れば日本、中国、韓国、北朝鮮は

みんな黄色い猿!

猿同士のケンカ。

685名無しさん@お腹いっぱい。2013-06-05 21:19:36

>>684

それ欧米の下々な。

中国陶磁器の所有は富豪の印し、鎖国していた日本製陶磁や漆器も揃えられたのが王侯。鎖国終了後ジャポニズムが大ブームになったのはそのため。

713名無しさん@お腹いっぱい。2013-06-21 07:54:26

>>712

そういうことばかりしてるからアメリカは嫌われるんだけどね。

782大疑問2015-08-23 03:26:21

なぜ、英米はソ連と組んだのか?

独ソが潰しあえば漁夫の利を得ることが出来たのに?

783名無しさん@お腹いっぱい。2015-11-17 03:55:03

>>782

英に関しては英の政治指導者のチャーチルが独のヒトラーを倒すためなら

悪魔とも手を組むという考えだからソ連と

組んだのだね。

788なりすまし2015-12-11 01:54:24

東京裁判で表沙汰になった証拠なるものも、怪しいものが含まれていたという

結論が固まりつつある。戦争で日本の敗色濃厚が分かってしまった段階で

責任を追及されるのを恐れて滅失させたり、散逸した証拠が無数にあり。

闇に葬られたのだろう。

818名無しさん@お腹いっぱい。2016-11-05 17:46:56

国難は天皇制にあり

在特会のファンであり、チャンネル桜をずっと見続けていた私は

その洗脳を解いて、よくぞこの結論に到達できたものだと褒めてあげたい

825名無しさん@お腹いっぱい。2017-02-24 06:47:48

>>824

何の反論もできない低能朝鮮人

830名無しさん@お腹いっぱい。2017-03-01 02:21:12

退位したらあたかも戦争責任があったかのようではないか。

そーいう「空気よんどけよ」という発想があの戦争をおこしたんじゃなかったの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする