第二次大戦・実際日本はどうだったの

1名無しさん@お腹いっぱい。2012-06-28 22:29:59

極東裁判で日本邪悪だわ、てなったけど。

工藤俊作みたいなのもいたし・・・

工藤俊作以外で、日本軍がいいことしたのってあったの?

33名無しさん@お腹いっぱい。2014-11-22 20:28:07

>>1

小村が米鉄道王ハリマンの提案を蹴った時点で

アメリカを敵にする要因になった

米露支那を全部敵にする時点で戦略的ミス

ミッドウエイで勝っていても敗戦が1年か2年

遅れただけ

アメリカはミッドウエイやマリアナで負けても

艦船や飛行機作って又攻めればいいだけ

9名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-15 06:53:26

無理でしょ? そんな渡洋爆撃機を何十機も運用できるほどの

資源はなかったでしょー。 B29をたくさんつくれたアメリカじゃ

あるまいし。

10名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-15 16:48:39

日本本土からの渡洋爆撃は不可能。

せいぜい潜水艦で水上機を運んで爆撃するのがやっと。

米本土に上陸してもすぐに撃退される上に、補給線もズタズタ。

米を屈服させるのは不可能と言うよりも、日本にその手は不可能と言った感じです。

やはりよくて痛み分けの相手では?

12名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-17 00:35:10

>>9

>>10

じゃあ、やはり負け戦だったって事?

最初は海戦で躍進して早い段階で停戦に持ち込むって作戦だったらしいけど

それ以外でアメリカに勝利する方法ってあったの?

海戦で勝ち続けたとしてもプライドの高いアメリカが降参するわけないよね?

11名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-15 19:12:31

一般論だけど

大日本帝国には尊敬すべき人士もいれば

唾棄すべき人間もいた、と当たり前も当たり前のことしか言えないんだよな。

日中戦争当時の文部大臣で少国民たちに

陛下の御為に死ね死ねと叩き込んでおきながら

太平洋戦争になって息子が召集されそうになると

東條首相に息子の兵役逃れを頼んだといわれる木戸内大臣なんかは

間違いなく屑だな。

25名無しさん@お腹いっぱい。2012-08-30 21:42:24

>>11

どこからそんなの持ってきたの?

そこらの三文週間紙記事?

こんなのごまんとあるウソ記事。多いんだよ。

「○さんの知り合いの△さんが□さんから聞いたんだって、戦後すぐ」てな具合で

ウソがバレても誰も責任を問えないという記事。

気をつけなさいよ。

13名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-17 06:36:47

>>12

講和にもちこめたら恩の字だったろう。 降参させなくともね。

仲介役として使えそうなのは、ソ連くらいしかないと、考えて

いたわけだな日本は。

14名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-17 09:10:05

>>13

じゃあ日本はアメリカの戦闘機や空母を何十隻 何百隻沈めようが

資源豊富で生産性が上回ってるから延々と抵抗してきて日本には勝ち目がなかったって事ですかね?

日本はミッドウェーで4隻の空母と優秀なパイロットを失っただけで

ボロクソに敗北したわけだから

100%って言うほど日本には勝ち目がなかったって事ですかね

15名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-17 09:23:27

>>14

勝ち目ねえ。アメリカ本土に出血強いるなり、米軍を全滅させない

限り、勝ち目はなかったんじゃないの。

勝てるかどうかしらんけど、戦争を長引かせたら、結果がどうなったか

わからんって部分はあるな。 本土決戦やるまで降参しないとか。

あるいは本土が降伏しても、占領地に駐留している軍隊は、戦争継続を

選択して、本国の命令を聞かずあくまで抵抗するとか。

そういう可能性もあることを、連合国側は認識してたね。

そうやって戦争長引かせれば、なにか局面がかわる可能性も

絶無ではないってことだな。

16名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-22 03:15:48

>>15

お粗末なのは、普通にやったら勝ち目はないということは解っていて始めたということ。

ただそれは、普通にやったらであって『ナチ党のドイツがヨーロッパで勝ち名乗りを上げてくれれば』日本も勝ったことにできる、という他力本願なこと。

硫黄島の攻略直前にはアメリカも青息吐息で『愛国心を煽っても、資金が出ない』状態で大キャンペーンをやりまくったほど。

これがゲンキンなもので、同島攻略がなり日本本土に空爆ができるとなったとたん資金提供が増え、がぜん息を吹き返したのが米軍。

アニメや漫画ではないので、敵国に軍隊が入らなければ勝てないということはない。

溯って日露戦争において日本軍はサンクトペテルブルクどころかロシア領を侵すほどのことにはなっていないし、くだってベトナム戦争では米軍はベトナムに上陸を果たすも勝ててはいない。

日本との開戦後はアメリカにはヨーロッパ戦線もあったわけで、日本に勝てなくても不思議ではない。

むしろ、長引かせなければ勝てたかもね。

当時の日本人は、日露戦争の時ほど“無謀”だとは思っていなかったともいうよ(有識者は別)。

20名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-22 21:37:46

>>16

>お粗末なのは、普通にやったら勝ち目はないということは解っていて始めたということ。

山本五十六が半年や一年くらいなら暴れてみせるが、その後はまったく確信がもてない

っていったのは有名だな。 日米戦争のシミュレーションを、軍部が何度もやってどうしても

勝てるって結果にならないので、結果の口外を禁じたなんて話もあるな。

根本的に生産力が違うんだから、普通に考えれば勝ち目ないね。それでもあえて

戦争はじめるって、これはもう合理的な判断とはいえないね。 日本の戦争目的は

資源獲得だったって話があるが、資源獲得というのは合理的、合目的的、自己

利益を擁護するための判断であるといえるね。ところが、根本的に戦争開始が

根本的に非合理な判断であるならば、もはや戦争の合理的な理由づけなど

ほとんど意味をなさないということになるな。 つまり、日本の戦争は資源獲得が

目的ではなかったとw それはあくまで合理的な外観を得るための理由付けに

すぎないとなるわけだ。

22名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-22 21:50:13

>>16

>むしろ、長引かせなければ勝てたかもね。

しかしまあ、日本が攻めてるあいだに、講和できなけりゃ、結局

戦争長引くことになると思うんだよね。 日本が有利なあいだに

アメリカと講和しましょうたって、アメリカが受け入れないんじゃ無いか。

アメリカ側にしてみりゃ、圧倒的に物量が優位だし、戦争をしかけて

きたのは日本側だから、自衛戦争だって名文もあるし、つまり

時間がたつほど有利になるって、そういう計算はしてたろうよ。

ミッドウェーのあたりで、講和すべきだった? どうなんですかね。

受け入れられるんですかね。

17名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-22 07:15:05

アメリカ一国を相手にするだけでも大変なのに

イギリス、オランダ、中国とも争っているんだよな

これは軍事の基本原則として戦力の分散が発生するから

当時の日本の世界を敵に回すやり方からして

劣っていたと言うことになるんだな

18名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-22 08:50:13

根本は中国問題で、

中国と戦争したから、

イギリスやアメリカとの関係が悪くなった。

九カ国条約違反しまくりで。

もしアメリカイギリスとの戦争を避けたいというなら

もう中国から撤退するしかない。

19名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-22 12:57:30

アメリカは日本は片手間だったんだけどなw

アメリカの兵力の7割はヨーロッパ戦線に投入されていた

83名無しさん@お腹いっぱい。2016-04-18 20:51:01

>>19

戦時国債で金集めて自国民に負担をさせながら、vt信管や原爆作ってまで日本攻めたのにね

もっと調べて言えよバカが

84名無しさん@お腹いっぱい。2016-04-30 07:37:36

>>19

大陸打通作戦の大勝利は、太平洋戦争の大敗北を吹き飛ばしてしまった。

対日戦争がオマケというなら、日中戦争はオマケのそのまたオマケ。

つまり中国人は虫けらだからいくら虐殺しても良いとなる。

23名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-22 21:58:53

>>22の下から4行目、名文じゃなくて、名分だな。

>>17

西洋諸国、全部いっぺんに敵にまわすとか、合理的判断とは

どうみてもいえないね。

>>18

9カ国条約は、北京議定書同様、列強の権益擁護、中国に対する治外法権が

その眼目であって、中国の半植民地化するための根源的規定ともいえるな。

日本も中国侵略する列強の一員として、その条約に署名しているが、その

条約を破ることは、長年の中国侵略に対する罪滅ぼしとしての意味があるねw

30名無しさん@お腹いっぱい。

第二次大戦の情報を聞くと

1,日本国内にスパイがいた

2,スパイ説を裏付ける情報は戦後の焚書(書類をGHQが燃やす)によって、全て焼かれてしまった

しか考えられないな。

35名無しさん@お腹いっぱい。2014-11-23 00:44:55

>>33

その場合を満州をめぐってアメリカと戦争をしていただろう。

日本の国力も小さく、より悲惨な事になっただろうな。

34名無しさん@お腹いっぱい。2014-11-22 22:35:13

弱小国日本が、大国アメリカと戦争して負けるのは当たり前

中国で国民党と戦い、満州で旧ソ連と戦い、東南アジアでイギリスと戦い

更にアメリカと戦う

弱小国のやる事ではない、大国のやる事だ

日本は紛れもない大国であったのだ

日本のクズ指導者の言い逃れでしかない

天皇の戦争責任などふざけた話だ

天皇は絶対的な存在ではあっても、絶対的な権力行使者では無いのである

85名無しさん@お腹いっぱい。2016-05-01 05:08:34

>>83

ちなみに、アメリカは広島型の原爆は作ったことがない

現在まで1つも作ったことがない

プルトニウム使用の長崎型は作っていたけどもな

ちなみに、広島に原爆を落としたというエノラゲイは飛んでない

その時、日本人パイロットが上空を飛んでいて原爆が炸裂するのを見ていたが

エノラゲイなんか飛んでいなかったと証言している

つまり、リトルボーイは空っぽの作り物で

後になって、アメリカが落としたように映像が作られたわけだ

86名無しさん@お腹いっぱい。2016-05-07 10:26:03

>>83

>19の指摘に何一つ反論できてなくて笑った、こう言うのをバカと言うのだろうな。

98名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-20 19:54:28

>キミは世界恐慌がどれだけ荒んだ世界を産み出したのか、これを知らない。そして当時の日本に住む日本人がいかに追い詰められたことも・・・・・。

キミは世界恐慌で日本がいち早くたちなおったことを知らない。

なんと1933年には恐慌前の水準を回復しており、

いうまでもないことだが大陸進出の効果が出る前のお話である。

103名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-21 19:06:48

極東国際軍事裁判は日本を占領したアメリカ軍司令官のもとに行われた

軍律裁判です

事後法でないとしても結局リンチじゃないか

106名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-24 21:06:11

>>103

かもね〜

でも軍律裁判というリンチは

現在ですら占領統治に必要な合法行為とされているのでなんの問題も無い。

リンチじゃないかとかいって合法行為を非難するまえに、当時違法な行為を行っていたことを非難しような。

113名無しさん@お腹いっぱい。2017-02-11 06:19:54

この国は生い立ちからして何もかもが嘘

嘘の源は天皇だ

天皇がこの国を嘘で覆い、朝鮮人で満たし、正義の無い国にしている

もし、君らが真実に到達するようなことがあったなら

その時には、東京裁判の主催者は天皇だったと気付くはずだ

114名無しさん@お腹いっぱい。2017-07-06 07:59:26

日本が開戦したことにより欧州戦線に米国が参戦しヒットラーの野望を打ち砕いた。

日本は背後からソ連を攻めることも印度洋に進出することもなく独の期待をことごとく破った。

大東亜戦争が戦後体制を作ったとも言える。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする