【李白】中国の詩人たち【杜甫】

1名無しさん@お腹いっぱい。2007-01-03 19:01:34

語ろう

3名無しさん@お腹いっぱい。2007-01-04 13:49:32

李白って有名なわりに出自についてはちょっと謎の部分が多いよね。

行動についても怪しい部分があるし。

とりあえず、

白髪三千丈

愁いによりてかくのごとく長し

知らず明鏡のうち

何れの処にか秋霜を得たる

5名無しさん@お腹いっぱい。2007-01-06 23:58:47

李白は、阿倍仲麻呂が死んだと早とちりして、

死を悼む詩を作ったんだよね。

6名無しさん@お腹いっぱい。2007-01-08 03:13:52

重複?

【詩仙】漢詩について語るスレ【詩聖】

関連スレ

三国時代の文学スレッド

13名無しさん@お腹いっぱい。2007-01-27 15:12:55

>>6新スレ移行

三国時代の文学スレッド2

9名無しさん@お腹いっぱい。2007-01-16 11:07:00

>十歩殺一人

・・・・・・

10名無しさん@お腹いっぱい。2007-01-24 23:27:28

侠客だから。

34名無しさん@お腹いっぱい。2007-10-12 22:03:07

>>9>>10

唐代の侠客のイメージか・・・

14名無しさん@お腹いっぱい。2007-02-17 21:10:01

三国時代の文学スレも、こちらの板に移動した方がいいかもね。

あの鯖だと、おちおち語っていられんでしょ。

17古漢板住人2007-02-19 18:43:16

>>14

三戦の良さが出たスレの典型だから

出来れば三戦で続けたいなと

建安以外はこっち鴨根

15名無しさん@お腹いっぱい。2007-02-18 23:37:33

中国の詩人と言うと唐代のイメージが強いな。

16名無しさん@お腹いっぱい。2007-02-19 18:11:08

後は宋かな。

19名無しさん@お腹いっぱい。2007-03-06 23:32:33

>>15>>16

明代清代はどうしても印象が薄いね。

決して有名な詩人がいないわけじゃないんだけど。

20名無しさん@お腹いっぱい。2007-03-07 13:37:06

庶民にまで裾野が広がったせいかしらね?

22名無しさん@お腹いっぱい。2007-04-20 00:53:09

こういうのはある程度貴族・文化人層に限定された方が、

洗練されたものが生まれるものなのだろうか?

23名無しさん@お腹いっぱい。2007-04-28 00:14:45

>>22

吉川幸次郎氏の本によると、玄宗・楊貴妃の時代は貴族趣味が強すぎて

漢詩は決まりきった花鳥風月を歌うだけのお公家さん趣味に堕していたらしい。

そこに庶民的な目線を入れ、漢詩の表現能力を大きく切り開いたのが杜甫だという事でした。

杜甫といえど没落貴族だけれど・・・。

文化が洗練されるのは一様には言えないんじゃないですかね・・・。

個人的に最初は李白が好きだったけれど、ある程度漢詩を勉強したら杜甫という人は

中国詩人の中で圧倒的に偉い気がしてきました。

あらゆる技巧に精通する一方で、大見得を切るような激烈な表現もやる。恐ろしく神経質にして大胆。

韻文の形式的にも寸分の隙もありません。

一見しただけだと暗いし、泥臭いからはじめは避けていたんですけれど・・・。

29名無しさん@お腹いっぱい。2007-07-14 14:53:27

>>23

陳舜臣などは杜甫は盛唐の詩人ではなく、むしろそのあとの時代

人だといってるね

唐詩では「登楽遊原」が好きだ

あの唐の終焉を暗示しているあの雰囲気が

32名無しさん@お腹いっぱい。2007-08-21 23:55:43

詩経の頃は自由だったんだろう。

47名無しさん@お腹いっぱい。2010-05-22 12:14:14

NHKの漢詩紀行いいね

52名無しさん@お腹いっぱい。2011-06-20 22:42:34

>>47

これで売炭翁が好きになった。

49名無しさん@お腹いっぱい。2010-06-05 18:28:07

【中韓/歴史】 「李白は朝鮮民族」のソウル大学教授は存在しない、と掲載した媒体が誤報を認め謝罪 [05/21]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする