【Me】Bf109vs 零式艦上戦闘機【ゼロ戦】

1名無し三等兵

【Me】Bf109 vs 零式艦上戦闘機【ゼロ戦】 [転載禁止](c)2ch.net

海外「日本デカ過ぎだろ」 大戦中の世界の領土の変遷が分かる地図動画

バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗w

対日戦争がおまけなら、日中戦争はおまけのそのまたおまけww

ちなみに朝鮮戦争で米軍は、おまけのおまけな中国に大苦戦www

2名無し三等兵

>>1

全体主義大正義の先進国ドイツと合作してるとはいえ国共でゴタゴタの途上国中国を同列で考えるのが既に池沼

37名無し三等兵

>>1

>ちなみに朝鮮戦争で米軍は、おまけのおまけな中国に大苦戦www

チンピラゴロツキは軍隊ではないから、チンピラゴロツキには警官を差し向けるべき。

この点、日本軍は軍隊ではなく警官だったのが幸いした。

363だつお ◆t0moyVbEXw

>>1

>バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗w

[来来来,人家1943年8月到1944年12月期???了“被德?完虐”的十次斯大林突?,十次?利。

与此同?,K?的表?如何??

364だつお ◆t0moyVbEXw

>>1

>バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗w

中国?什?不拍一部《?大的抗日?争》??

ソ連邦大祖国戦争

「来来来,人家1943年8月到1944年12月期???了“被德?完虐”的十次斯大林突?,十次?利。」

中国抗日戦争

「与此同?,K?的表?如何??」

中国語は機械翻訳でもわかりにくいが、それでも、

ナチスドイツを撃破してベルリン入りを果たしたソヴィエト赤軍>>>>>>>>>>>>

>>>>>>>>>( 越 え ら れ な い 壁 )>>>>>>>>>>>>>>>

>>>>>>>>大陸打通作戦でドツキ回された中国チンピラゴロツキ

・・・という内容であることは自明だ。

106名無し三等兵

>>2

君の大好きなドイツ軍なら、中国人を一人残らず虐殺してたよ。

11名無し三等兵

Bf109みたいなバッタ飛行機と同じだと思ってるのか

零戦なら500km/hで飛んでてもBf109の巡航より長く飛べるんだが?

おまけにBf109の視界はまるで戦車に乗ってるような狭さ

巡航中に奇襲されて空中分解はBf109の方でした;

12名無し三等兵

>>11

航続距離の差はあくまで燃料の搭載量とエンジンの特性によるものだし、そもそもその時間差に大きな差はない

Bf109の視界が悪いのは事実だが、二機編隊で警戒しながら無線通信できるので、ろくにパイロット同士の連絡が取れない零戦よりはまとも

零戦の急降下は精々600-650km程度

Bf109は緩降下でも逃げられる

若し格闘戦を仕掛けようと思ってもBf109の居坐る高空では零の旋回性能が生かせずチンタラしてるうちにあぼーん

500kmも出してたら尚更だね

要は低空で低速の格闘戦に付き合わなきゃBf109の勝ちってこった

17名無し三等兵

>>12

>離の差はあくまで燃料の搭載量とエンジンの特性によるものだし、

もうひとつ面白いのは、この本で最初から最後まで 主役を務めるのがメッサーシュミットBf110という

独夜間戦闘機であること。 開発当初は駆逐戦闘機などと呼ばれ、その高速度と重武装、長い航続距離

を誇ったものだったが、 時代とともに技術が発達すると高速度の優位性は失われ、むしろ双発であるがため、

単発戦闘機にくらべ鈍重で、「英本土航空戦」ではハリケーンや スピットファイアにまったく歯が立たなかった。

ところが戦況が悪化して英国の夜間爆撃が始まると、夜間戦闘機として注目され 活躍するようになったのは皮肉なことである。

メッサーシュミットと言えば、Bf109やジェットのMe262が日本では有名だが、 大戦中ずっと最後までドイツの空を守って

いたのはこのBf110であり、 その数、実に6000機以上が生産されたことを知らないでいるのは悲しいことだと思う。

>要は低空で低速の格闘戦に付き合わなきゃBf109の勝ちってこった

『・・・1942年から43年の間、P−40航空隊は北アフリカ、シシリー、イタリアの航空戦で鍵となる役割を果たした。

ある日の彼らの任務は爆撃と機銃掃射であり、別の日は中爆の戦闘護衛であった。

その欠点にもかかわらず、この種の航空戦においてカーチスP−40は優れた兵器であった。それは決して高速で

高高度を飛行できる機体ではなかったが、タフで、信頼でき、重武装で、相当量の爆弾を携行でき、

そして中国や太平洋と異なり、交戦した敵機よりもマニューバブルであった。P−40パイロット達は、

より最新のライトニングやサンダーボルトやマスタングで飛びたいと願っただろうが、ウォーホークはその時点

での唯一の米国戦闘機であり、彼らはそれでベストを尽くしたのだった。・・・』

(カール・モールスワース、MTOのP−40ウォーホークエース(オスプレイ社刊)より引用)

22名無し三等兵

>>17

>そして中国や太平洋と異なり、交戦した敵機よりもマニューバブルであった。

つまりヨーロッパでは、格闘戦至上主義は終わってたつーことだよな。

57名無し三等兵

連合軍の慈悲で国が残ったと思ってるとか馬鹿なのか無知過ぎるのか分からん奴だな

59名無し三等兵

>>57

それ以外考えられないだろ

ポツダム宣言受け入れなかったら、無条件降伏以外の提案一切無視されて国土全部焦土にされたドイツと同じ道歩んでたよ

むしろ近代戦は総力戦だからそっちの方があるべき姿かもしれないけどね

61名無し三等兵

>>59

なんでドイツが分割統治なのに日本が分割されなかった理由が慈悲だなんて思った?

白人のドイツ人より東洋人の日本人が好かれてたとでも思ってるのか…

69名無し三等兵

>>59

>無条件降伏以外の提案一切無視されて

史実に反するが?

バーンズ回答文

1945年8月11日付 (ジェイムス・バーンズ国務長官)

1)降伏のときより、天皇および日本国の政府の国家統治の権限は、降伏条項の実施のため、その必要と認める

措置をとる連合国軍最高司令官の制限の下に置かれるものとする。

2)天皇は、日本国政府、および日本帝国大本営に対し「ポツダム宣言」の諸条項を実施するために必要な

降伏条項署名の権限を与え、かつ、これを保障することを要請せられ、また、天皇は一切の日本国陸・海・空軍官憲、

および、いずれかの地域にあるを問わず、右官憲の指揮の下にある一切の軍隊に対し、戦闘行為を終止し、

武器を引き渡し、また、降伏条項実施のため最高司令官の要求するであろう命令を発することを要請される。

3)日本国政府は、降伏後、直ちに俘虜、および、抑留者を連合国の船舶に速やかに乗船させ、安全なる地域に輸送すべきである。

4)日本国政府の最終形態は、「ポツダム宣言」に従い、日本国民の自由に表明する意思によって決定されるべきである。

5)連合国軍隊は、「ポツダム宣言」に掲げられた諸目的が完遂されるまで日本国内に駐留するものとする。

64名無し三等兵

>>61

国がソ連に荒らし回される前にごめんなさいしたからに決まってんじゃん

あのまま戦争やってたら日本も東日本と西日本で分割統治される羽目になってたよ

62名無し三等兵

ルーズベルトが急死してなかったら分割統治だったかもね

66名無し三等兵

>>64

ソ連のショボイ揚陸能力で日本上陸とか妄想にもほどがあるだろ

現実は北方領土のたった数機の97艦攻に輸送船を沈められ命からがら上陸した部隊も

チハたんに海まで追い落とされる有様

再三の停戦命令で北方守備隊は武装解除に応じたが北海道上陸は断念されてソ連の野望は終わり

71名無し三等兵

反してない というかお前の引用じゃ反論になってない

72名無し三等兵

>>71

痛いところを直撃されて、逆ギレしてるのか?

75名無し三等兵

>>72

日本はソ連を介した和平交渉のようにいろいろ手を回してるが結局全て失敗してる

ポツダム宣言についても「天皇大権の保守」を要求して却下されている

で?>>69のどこが「史実に反する」ことを示しているのかな?

101名無し三等兵

>>75

日本は蒋介石との単独和平にも失敗してる。

小磯内閣はそのせいでつぶれた

105名無し三等兵

>>101

チンピラゴロツキの3500万では、全然殺し足りなかった。

ドイツ軍ならキングタイガーで軽く5億人は殺してたはず。

119名無し三等兵

>>106

ソ連軍なら、中国人女性を一人残らず強姦してた。

122名無し三等兵

Me262よりもMe110のほうが、信頼性があって事故が少なく使いやすかったのでは?

126名無し三等兵

>>122

使いやすいのは事実だが、レーダー搭載のBf110後期型は速度が500km前後しか出なかったからモスキートに喰われまくってたぞ

Me410も夜戦仕様ならかなり速度落ちてBf110と同じことになってた

操縦しやすいけどモスキートに追い回されてろくに爆撃機攻撃できないのと、航続時間は短いけどモスキートに対して優位を保てるのとどっちがいいかは明らかだろ

132名無し三等兵

>>126

>操縦しやすいけどモスキートに追い回されてろくに爆撃機攻撃できないのと、

そして1944年以降、連合軍による精油施設、人造石油工場などの対する爆撃の激化により、燃料事情は急激に悪化する。

実戦はもちろんのこと訓練に回せる燃料も少なくなり[286][287]、さらに燃料が単発戦闘機へ優先的に回され、

さらに通信網やレーダーの破壊・占領などの理由[288][289]から、夜間戦闘機の活動は低下の一途を辿った[290][291]。

例えば1945年2月13日のドレステン空襲には、わずか27機での迎撃しか行えなかった[292]。ただし機体の増産自体は順調で、

1944年12月には1355機と、予定配備機数以上が配備されていた[293][272]。そのような状況下でも1945年2月21日夜に

はデュースブルクを目標とする450機の敵重爆撃機を129機が迎撃[294]、爆撃機を護衛するモスキートの妨害にもかかわらず、

わずか4機の損失で62機を撃墜する戦果を挙げたことは特筆するに値する[294]。

ドイツ夜間戦闘機隊のトップ・エースはハインツ=ヴォルフガング・シュナウファー少佐で、夜間撃墜数121機、

うち114機が4発機である[8]。彼は敵軍にもその名を知られ、出撃基地の名から「サントロンの幽霊」と渾名されたという[8][* 43]。

メッサーシュミット Bf110

136名無し三等兵

>>132

技術はともかく、戦歴ではBf110が圧倒的だな。

149名無し三等兵

>>132

>>136

Me110は夜間専用というわけでもなく、本土のB17・B24等の対爆戦闘は基本的に双発戦闘機の任務で

レーダー管制されて爆撃機を補足、長時間滞空して

大量の弾丸を積んで、重装甲、敵の12.7mmの射程外から

大量の大口径砲を撃ちまくる

対空ロケットに50mmクラスの砲まで積んでいた

それで何で1944年以降こんなことになっったかという

それがP51の登場のせい

P51の登場で連合軍爆撃機に独双発戦闘機が近づけなくなってしまった結果

207名無し三等兵

スピードの差がありすぎるから一方的に撃たれてゼロ戦は終わりじゃないの?

211名無し三等兵

>>207

空中戦は一瞬で終わる

大概の場合は撃墜された側は撃墜されるまで敵機の存在にも気がついてない。

太平洋戦争の緒戦でアメリカ軍を相手にゼロ戦がそこそこ活躍できたのは、

アメリカ軍が実戦経験のない素人パイロットばかりだったから。

中国戦線を経験した日本の歴戦パイロットはファーストルック&ファーストキルを徹底し、

優勢ポジションからの一撃離脱戦でアメリカ軍機を攻撃。

素人ばかりの米軍パイロットは不利なポジションで、空戦エネルギーで負けているのに、ゼロ戦に反撃してしまい、

多大な犠牲を払うことになった。

ちなみに太平洋戦争緒戦のキルレートは3:1で、米軍は日本軍機の3倍撃墜していた。

212名無し三等兵

>>211

>アメリカ軍が実戦経験のない素人パイロットばかりだったから

■ フランスはすぐに降伏した。イギリスは全期間を通してひどかった。

アメリカは間違いなく勝てるという確信を持てるまで様子見してた。

勝利はすべてソビエトのおかげと言っても過言じゃない。 +5 ロシア

222名無し三等兵

P-51にとって日本軍機は楽勝、でも中国人の腐った脳みそは難敵だった。

さらに言えば、中国人の敵は日本軍ではなく、中国人の脳に涌くウジ虫だった。

バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗。

ドイツ軍と比較するなら、ドイツ軍なら絶滅収容所で中国人を皆殺しにしてたでオシマイ。

どんなにしつこい日本軍へのネガキャンも、大陸打通作戦にだけは歯が立たない。

思えば明治以来、大陸打通作戦ほどに非の打ち所の無い完璧な名作戦は類を見ない。

223名無し三等兵

>>222

弱小日本軍より更に格下のシナ人をいびるだけの戦いに負けてないのを威張るのかよ!

二正面作戦で大健闘してるドイツをこき下ろして?

日本軍信者は気違いしか居ないな!

254だつお ◆t0moyVbEXw

>>223

>弱小日本軍より更に格下のシナ人をいびるだけの戦いに負けてないのを威張るのかよ!

【韓国の反応】ドイツの外交官「ドイツは、中国が第2次大戦と関連して、

継続的に日本とドイツを比較することを好まない」と不快を表明

>行くのを不許可にするというのはどういうことだ。

>観光客も訪れる場所なのに、国家主席が訪問することを許さないなんて…

>日本の顔色をうかがってるといわれても、何も言い返せないだろう…

「え?私が中国のスパイだって?」ドイツ紙の東京特派員が安倍政権から圧力を受けたと告白

「安倍政権はメディアに圧力をかけている」――。4月2日、日本外国特派員協会(FCCJ)のウェブページにドイツ高級紙「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング」で東京特派員を務めていた、カーステン・ガーミスさんのコラムが掲載された。 ガーミスさんは民主党政権下の2010年に来日、特派員として2015年まで東京特派員...

ドイツが親日ではなく反日に? 日本への感情、3年で急激に悪化

230名無し三等兵

BoB初期のイギリス戦闘機って7.7mm機銃搭載だったのにどうやってイギリスを守ったんだ…

235名無し三等兵

>>230そりゃ8丁もあれば違うだろ。二丁しか積まない日本と違って。零戦も7.7二丁しか

使わない場合が多かったんだよな。あの武装形態はやめて12.7を4丁オンリーにした方が

よかったろ。ガダルカナルで正面射を狙いまくるF4Fの描写がいくつも出るぞ。

240名無し三等兵

>>235

BoB時のRAF機は各銃の弾道を収束させていないので実際にはそれほど当たってないと思われる。

242名無し三等兵

>>240

8丁の機銃を散らして撃てばどれか当たるだろう的な

255名無し三等兵

ちなみに欧州に送られたF4Fは、太平洋の劣化版。

256名無し三等兵

>>255

どのあたりが劣化?

274名無し三等兵

>>256

改めて調べたら劣化版というほどのモノではなかった。

武装を7.7mmに変えた物を納入したがすぐに12.7mmに戻されている。

その後も2段2速過給機から、1段2速にされたのもあったが、戦争中盤以降は米国と同等仕様のものが納品された模様。

で、実戦では対戦闘機戦はあまり発生しなかったようだが、ちょっと調べた中ではっきり分かったのは、

1945年3月にノルウェー沖でFM-2の4機がBf109Gに

奇襲され1機が被弾、残り3機は態勢を立て直し、

逆にBf109Gの4機を撃墜した。

一事が万事では無いが、少なくとも「通用しない」というのは誤った認識と思う。

ついでにF6Fは、1944年5月にノルウェー沖で

Fw190とMe109の混成隊と交戦し、損害無しで

Me109を2機、Fw190を1機撃墜。

一方的な勝利で終了。F6Fの欧州対戦闘機戦

はコレだけ。

見慣れないデブネコに手を出したら、思いのほか俊敏だったという事か?

276名無し三等兵

>>274

というか、空母部隊が機動空襲するような所は

基本的にロクな部隊がいないから一方的だよ

この時期の日本も機動空襲されると

もっと悲惨な一方的スコアばっかりだよ

357名無し三等兵

昭和18年初春から行われたオーストラリアのダーウィンに対する、チモール島からの日本海軍

のキャンペーンでは、ゼロ戦と中攻部隊が健闘しています。

753空(一式陸攻)と202空(ゼロ)のコンビ+陸軍の百式重が参加し、相手は欧州戦線で鳴らした

クライブ・コールドウェル中佐率いる1FW(457sq&457sqRAAFプラス54sqRAF)のスピット5型で、

アゴフィルターつきのやつです。

同年3月から9月までの半年間、戦闘損失はゼロが3機に対して、スピット38機(双方ともすべての

未帰還機の累計)です。これは双方の自軍損害レポートによるもので、いわゆる「誇大戦果」ではありません。

日本側の出撃回数は半年間で大小合わせて20回足らずですが、そのうち200キロメートル内陸部、

USAAFのB-24部隊がいたフェントン飛行場へは6回攻撃をかけています。いずれも高度は7000メートル以上。

相手のスピットを考えての行動であり、特に他の戦線に比べて陸攻の被害も少なく、豪側からは「爆撃機

の防御砲火も比較的堅固であった」のようなコメントもあります。

追記2006/02/06 一式陸攻は高高度性能に優れていて、ダグラスP-70(A-20ハボックにレーダーを搭載

して夜間戦闘機としたもの)などは上昇性能で及ばなかったといいます。

戦訓による陸攻の自動消火装置も有効に作動した、と記録に述べられています。

(資料出所:「第8章 ダーウィン上空の零戦」、秦郁彦著「過信の結末(下巻)」から、中公文庫#532)

888名無し三等兵

>>357

>昭和18年初春から行われたオーストラリアのダーウィンに対する、チモール島からの日本海軍

>のキャンペーンでは、ゼロ戦と中攻部隊が健闘しています。

逆にランカスターは対日戦争に参加していないし、またお呼びでも無かった件w

もちろん、アメリカとしては実質的な支援や、実質的に相手に打撃を与える

事なら大歓迎だが、イギリスの参加は、どっちせよ(そのように実質的なも

のではなく)、メンツを救う性質のものだろうと、云った。

368名無し三等兵

>>364

日本の戦争は、南京に日章旗を掲げたままで終わった快挙だよなw

370名無し三等兵

>>366

>大戦末期に連合軍の脅威となった、重量70トンの「ケーニヒスティーガー(王虎)」などが、

何故か旧西ベルリン側にあるソ連対独戦戦勝記念碑。左上はソ連兵士、右手前は独ソ戦

で戦勝に寄与した(最初にベルリンに入ったとも言われる?)T-34戦車の実物です(下写真とも)。

ベルリン市民には好かれていないそうですが、ロシアを意識して撤去もできないそうです。

385名無し三等兵

どっちが強いって最低でも何処でどのようなミッション形態での戦闘って設定しないと意味が無いだろ。

単純に強弱を主張するって消防頭だよ。

403名無し三等兵

ヨーロッパの戦場では、太平洋と違ってのんびり巡航している馬鹿には死が待つのみ。

敵より高い高度と速度が、何より大切な世界。

低い高度を、のんびり巡航している零戦は、ヨローッパの空では鴨でしかない。

405名無し三等兵

>>403

>ヨーロッパの戦場では、太平洋と違ってのんびり巡航している馬鹿には死が待つのみ。

—ロシアの前線で戦った搭乗員と、ドイツ本土防空戦の参加者との感覚の違いをお聞きしてもいいでしょうか?

ロシアでは戦争そのものも、飛行機も、戦いも全く異なっていましたね。ロシアで行われていたのは純粋な空中戦でした。

仕事…うーん…ゲームというのとも違うな、スポーツ、そう、スポーツに似たような感じです。もしもこのような表現が許さ

れるのであれば。生存を賭けたギリギリの戦いではありませんでした…一方、ここドイツでは、高高度から街々に爆弾

が降り注がれ、辺り一面で爆発が起きるのを見ながらの戦いですから、より個人的な、より感情的なものとなりましたよ。

連合軍の爆撃機は800機ずつ、そして戦闘機も同じくらいの数がやって来る。これは全く違う戦場です。ここドイツでは、

搭乗員の命は平均して7日だけ、1週間だけしかもちませんでした。ロシアではこれほどの緊張はありません。

勿論、損失は出ていたのですが、しかしたったの7日間ということはなかった。

—どうしてそうなったのでしょうか?戦闘機ですか、それとも爆撃機の防御砲火にやられたのですか?

問題は爆撃機の銃手です。はっきりとは憶えていませんが、爆撃機のクルーは8〜10人で構成されていて、

操縦手以外の全員が攻撃してくる戦闘機を迎え撃つわけです。それが大変だった。だから、私たちは正面から攻撃し、

2倍の速さで接近することで、防御砲火の圏内にいる時間を短くしようと務めました。私は常に正面攻撃をやっていて、

後ろから接近したことは一度もありません。敵の爆撃機は全体が機関銃だらけで、2連装のも4連装のもありました。

ドイツ戦闘機隊エースとの対話 アルフレート・グリスラフスキ

408名無し三等兵

>>405

とはいえ誰もかれもがヘッドオン攻撃がうまくやれるわけでもないので結局は後方から攻撃するようになったわけだけどね。

469名無し三等兵

大陸打通作戦の成功も、徒労に終わったけどなw

472名無し三等兵

>>469

3500万のシナゴキブリを駆除して、地球環境を守った。

478名無し三等兵

>>469

大陸打通作戦によって連合国が極東政策を変更した、その「動かぬ証拠」がこれ。

○池田国務大臣 それはそのときに、領土権はどうかという問題と、だれが支配しているかという

問題を区別しての御質問ならば、いまのようにはっきり答えます。だから、もしそういうように言って

おるとすれば、ここではっきり申し上げますが、台湾は中華民国政府が現に支配しておる、

そして日華条約はここに適用になる、こういう意味でございます。領土権はどうかといったら、これは、

日本が放棄しただけで、中華民国の領土権はカイロあるいはポツダム宣言にはそういうことを予定

してきめておりまするが、この規定は、われわれの調印したサンフランシスコ平和条約の規定とは違います。

われわれ平和条約によって日本の外交をやっていくのであります。これが私の考えであります。

937名無し三等兵

>>478

>領土権はどうかといったら、これは、日本が放棄しただけで

台湾は『日本が放棄しただけ』で、中華人民共和国にも中華民国にも『返還』されることは無かった。

中華人民共和国も中華民国もサンフランシスコ講和条約からは締め出されていたのだ。

497名無し三等兵

日本の生産体制と違いすぎるよねw

498名無し三等兵

まぁ確かに差はあるけど、日本も当時としてはなかなかではある

h

504名無し三等兵

>>503

いや、俺メーカー勤務なので、どうしても現代の工場と見比べちゃうからなぁ・・・

>>497も>>498も、現代の工場から見たら、ちょっと都会とちょっと田舎程度の差でしかないんだわ。

505名無し三等兵

>>504

田舎のワーカーはそんなモンかw

510名無し三等兵

Bf109はいたって普通の厚みの主翼ということも無視するアホがこのスレに来ているのか

517名無し三等兵

>>516

お前が常識も知識も無い馬鹿なのは分かったwwwwwwww

630名無し三等兵

零戦のVxって末期の米軍機より遥かに上なのに上昇力が悪いとか思ってる奴多いよな…

639名無し三等兵

>>630-630

ゼロは高速域では余剰馬力がないから,上昇力も加速も悪い。

だから高速域では勝てなかった。

そんなの物理法則からいって当たり前だろう。

文句があるならデータで反論してみな。お馬鹿さんたち。

642名無し三等兵

零戦もF6Fも高速では横転が効きにくく中低速旋回を重視した古い世代の設計思想

似た者同士でやりあっていたわけ

結局は零戦対F6Fの戦いってのは旧弊な機体のオナニーなんだよねぇ

これだからマスタングやスピットファイア9とかくるともう手も足も出ない

643名無し三等兵

>>642

F6F vs P-51はアメリカの「きのこたけのこ戦争」だから向こうで言うなよ?

644名無し三等兵

F6Fは鹵獲零戦とのテストで飛ぶのがやっとの9,000mなら回り勝てたけどP-51はどんな高度でも勝てなかった

Spit Mk.IXはほとんどMk.Iと変わらんMk.Vにマーリン61載せた零戦より古いやっつけ機体なんだが

645名無し三等兵

>>644

零戦やF6Fの設計「思想」が古いんだよ

機体そのものは新しい。

スピットの切断翼・金属エルロンの高速での横転は素晴らしい。スピットはスマートで戦術の変化に追従出来ている

それに比べ零戦もF6Fも結局は二流機どうしの競り合い

その中でF6Fが「マシ」だっただけなんよ

欧州のスマートな一流機の戦いに比べ

太平洋のは二流機のやりあい

旧弊な戦闘機どうし比べて何が楽しいか

>>643

きのこたけのこどころか向こうじゃコルセアの補欠扱いだよ

零戦のライバル()だがコルセアやマスタングより全然人気ない

646名無し三等兵

>>645

Spitの金属エルロンはMk.Vからでそれまでは布張り

切断翼もほとんど出番の無くなった後期型が主で最初から用意されてたわけじゃない

結局零戦と同じでミッチェル氏の初期設計が良かっただけ

改良の点で雲泥の差にはなったが英国面丸出しのバリエーション見れば駄作の多さも半端無い(笑

647名無し三等兵

F6Fは日本以外じゃP-51やP-47に比べて見向きされていないんだよねぇ

はっきりいってあんまり人気ない機体

>>646

当たり前だろ

だから「戦術の変化に追従出来ている」と書いたわけだが

最初っからあれなわけがない

648名無し三等兵

>>647

そりゃアメリカ海軍が大型空母を本格展開したのは太平洋戦線だけだから当然だろ。

大西洋では対Uボート戦での護衛空母しか必要なかったんだから、F6Fは出番がない。

689名無し三等兵

いっそのこと北海道もソ連によって解放されたら

日本はもっと良い国になれたたろうに

690名無し三等兵

>>689

味噌ラーメンや石狩鍋が食えなくなるだろボケ

711名無し三等兵

Bf109がマートレットに負けたというがソースはあるの?

713名無し三等兵

>>711

>>274のキーワードでググれば出てくるんじゃないか?

109が奇襲したのに返り討ちされたんだからちょっと情け無くはあるな

721名無し三等兵

>>713

1945年3月じゃドイツには離着陸するのが精一杯のパイロットしかいないから

当然の結果だろう

725名無し三等兵

アホだろ10機も落としてたら超人の域のスーパーエースだっちゅうのw

一発当たったら火達磨の零戦で何十回も戦ってから言えw

742名無し三等兵

アホかwP-38なんかヨーロッパじゃカモに過ぎない駄作機で太平洋じゃ速度だけ勝ってるから逃げやすかっただけ

速度か旋回性能のどっちかが勝ってないとまともに戦えないんだよ?

F4Fなんか数で勝ってないと何もできない糞だったのはサッチウィーブ編み出したサッチさんが証言してるw

744名無し三等兵

>>742

WW2で活躍し、現在に到るまでアメリカ全軍で最高の撃墜数記録をもっているリチャード・ボング(40機)の乗機がP38。

第二位は同じくP38のトーマス・マクガイア。

格闘戦の延長線上の考えであるサッチウィーブは効率が悪く、間もなく一撃離脱戦法に置き換えられた。

この一撃離脱戦法の成否に数的優位は必要ない。

格闘戦を行うと旋回機動を繰り返すことになり速度が低下し離脱が困難になる。自軍が数的劣勢の状況で会敵し

格闘戦を行えば自軍が不利な状況に追い込まれるのは容易に想像が付くだろう。

一撃離脱戦法は攻撃後、優位速度で離脱するので数的劣勢の場合有効である。

事実、史上最高の撃墜数を誇り、格闘戦を徹底して行わず

一撃離脱戦法に徹底したドイツ空軍のエーリヒ・ハルトマンは数的優位を誇るソ連空軍機を352機撃墜した。

実際のところ零戦はP40相手でもキルレで負けていた。

零戦が一撃離脱を行おうとした場合、急降下速度が足りないため、有効ではなかった。

746名無し三等兵

>>744

ニワカ丸出しのレス乙w

マクガイアが低空格闘挑んで墜死したのも知らんとかw

一撃離脱なんて格闘で勝てない米軍機が零戦に落とされないように始めただけで全然有効な戦法じゃないんだよ

現に一発で火を噴かなくなった後期の日本機を落とすのに苦労してる

アメリカがミサイル時代になってもベトナムで酷い目にあって格闘重視の戦闘機を作り始めたの知らんのかw

だいたい一撃離脱なんか零戦がシナの小回り効く旧式機を落とすために吊り上げループ戦法で使ってたっちゅうのw

Bf109も実は急降下に弱くて上昇力を生かし吊り上げて上から降る戦法で戦ってたしドヤ顔でニワカ知識披露しても

恥かくだけだぞ?w

751名無し三等兵

>>746

技術が進歩していろんな事が出来るようになったってだけよ

それまでは何かを取るときは別の特性を捨てていたんだから

756名無し三等兵

>>746

マクガイアは悪天候時の哨戒任務中に格闘戦に巻き込まれたんだよ。最初から格闘戦を行うつもりはなかったんだよ。

日本機は防弾付こうが米軍に落とされまくってるよ。

Bf109が上昇で敵機を撃墜したのは、一部のパイロットが一部の場面で実行したにすぎない。ある程度雲がないし、エネルギーを有効利用できない。

航空戦の空中機動における最終的見解とも云われるジョン・ボイドのエネルギー機動戦理論は、空戦において重要なのはエネルギーを保存することであると解いている。

エネルギーを維持すれば速度と高度で優位に立て、絶えず相手に対して優位に立てる。

逆に急旋回はエネルギーを損失させる自殺行為だと言っている。

889名無し三等兵

>>756

>>マクガイアは悪天候時の哨戒任務中に

欧州戦線のガブレスキーに、そういう任務は与えられ無かったのか? 悪天候という条件は敵味方共に同じだぞ?

759名無し三等兵

マクガイアの戦死は諸説あるけどwikiの解説見ても日本機の防弾は有効でとても一撃離脱で

日本機を撃墜しまくったように見えない

むしろ単機の日本機相手に不甲斐ない戦いぶり…

海外ドキュメンタリーで紹介されてるエピソードだと米軍機はヨーロッパで積極的に格闘挑んでて

日本機と戦うのと明らかに対応が違ってる

762名無し三等兵

>>759

福田機だけを取り上げて防弾のある機体に一撃離脱が通用しないってのは違うんじゃない?

欧州じゃ一撃離脱でやりあってた訳だが、防弾を理由に一撃離脱が有効ではなかったとは聞いたことがない。

ヨーロッパ戦線で最多の撃墜数を誇ったガブレスキーの乗機は格闘戦が事実上不可能なP47だった。

他にもジョンソン、カービィ、ゼムキなど有名なエースパイロットはこぞってP47に乗っている。

彼らは防弾性能に優れたFW190を数多く撃墜している。

764名無し三等兵

>>762

後期の日本機が火を噴き難くて一過攻撃で撃墜に至らないケースが多いのは証言されてるよ

実際戦ったパイロットが米軍機は速いけど脅威に感じなかったって証言してるくらい

そのパイロットの機体も被弾してるから撃たれてるんだけど米軍機が一過攻撃を多用して

追従攻撃しなかったのが危機感の無さになってると思う

P-47は日本機相手に格闘は無謀だけどドイツ機相手なら低空格闘もしてるのよ

海外ドキュメンタリーで紹介されてるエピソードじゃ一撃離脱なんて全然出てこなくて

ドイツ機に対してしゃにむに追従射撃してる

Fw190も被弾に強いわけじゃなくて主翼の弾薬に被弾してよく翼が吹き飛んだらしい

767名無し三等兵

>>764

そのP-47はヨーロッパでやることなくなったもんだから太平洋戦線に配置替えされてファイタースイープ(戦闘機狩り)にやってきて猛威を振るう

日本最強と呼ばれた源田の剣、343は紫電改で高高度に占位、二倍の機数と圧倒的な立ち位置での待ち伏せであったがサンダーボルトに完敗

し、ベテランをゴッソリやられてしまう

ヨーロッパから高速戦闘の本流がやってきたのだ

771名無し三等兵

>>764

その火を噴きにくいというのはM2機関銃の焼夷弾がかすっただけで火を噴くレベルから

燃料タンクにガソリン漏れ対策が施されてちゃんと当てないと火を噴かないところまでましになったというものだよ

772名無し三等兵

>>771

知ったか馬鹿w

陸軍機は開戦前からフエルトの防漏タンクで穴からガスが駄々漏れしないようにしてある

後期の機体は炭酸ガス消火装置で1回目の被弾で火を噴いても消せるようになってるんだよw

>>767

高速戦闘w糞ワロタ

そんな達人技できるようなエースがヨーロッパ終結と共に太平洋にたらい回しとか凄いファンタジー世界だなw

脳内空戦は楽しいか?w

777名無し三等兵

>>772

高速戦闘はヨーロッパでの普通の技術

ロール機動の多用やエネルギーを維持しながら旋回は日本機にはムリ、エンジンに難がある

どっちかてえとサッチウィーブが特殊な部類だな

大戦後半ではアメリカ陸軍機が機銃掃射をしに低空にくるようになるんだが

これは、日本の迎撃体制が完膚なきまでに破壊された証拠でもある

殺し尽くしたんでやることないんだな

780名無し三等兵

>>777

いや当時のレシプロ戦闘機の推進力で高速機動とか無理だから…

基本的に高度と速度を変換して上昇減速して反転し降下加速して攻撃また上昇減速の繰り返しなのよ

高速で旋回なんかしてたらドンドン高度を捨てて不利になるだけ

日本機が格闘で強かったのは欧米機が失速するような低速で素早く切り返して加速できるから

当時のレシプロエンジンの推進力がショボかったからこそ多少馬力で劣っても液冷エンジンを使う価値もあった

ジェット時代に確立されたエネルギー機動戦術も元は同じだけど機動速度は段違いに遅かったのよ

785名無し三等兵

>>780

俺も調べたけどあんたが正解だよ

819名無し三等兵

言ってる事が支離滅裂なんだが…

大戦中の戦闘機でターボプロップとかギア突っ込むとかもう意味不明

825名無し三等兵

>>819

車のエンジンが7000回転だったら

タイヤも7000回転で回ってると思ってる池沼

827名無し三等兵

>>825

航空エンジンと車のエンジンが同じだと勘違いしてるんだな(笑

834名無し三等兵

>>827

池沼は減速機ってわざわざ書いてやらないといけないのか

無知すぎ

835名無し三等兵

>>834

レシプロ航空エンジンは遊星ギアで減速比は一定なんだよ

エンジン回転を上げるとプロペラの回転も一緒に上がるだけ

戦闘機に付いてる定速ピッチプロペラはその回転数を一定に保つためにある

スロットルレバーを押して出力を上げると回転が上がるんじゃなくてピッチの大気迎角が増えて

同じ回転数でトルクが増大して推進力が増える

分かったかな?

837名無し三等兵

>>835

馬鹿過ぎだろw

だからその固定の減速比を変えればいいだけだろ

算数もできないのか

838名無し三等兵

>>837

>だからその固定の減速比を変えればいいだけだろ

四式戦闘機疾風のラチェ式プロペラは大成功で、これが大陸打通作戦を勝利に導いた。

850名無し三等兵

>>838

大陸打通作戦を成功に導いたのは、四式戦闘機でもチハ車でもなくて日本刀。

日本刀は鎌倉時代の元の襲来以降、中国人をいかに斬りまくるかを研究して設計された伝統工芸品。

858名無し三等兵

大戦末期のナチパイロットの平均寿命は7日間だったらしいぜ

セミかよw

886名無し三等兵

蝉!

>>712

>ただしドイツ 空域に侵入した連合軍機の数は、防空側戦闘機の出撃数よりも一八倍も多く、 損失率はそれぞれ

>〇.七パーセント対一 四・五パーセントとなるのである。 この数字はとても引き合わないどころでは すまないものであった。

>>521

>ここドイツでは、搭乗員の命は平均して7日だけ、1週間だけしかもちませんでした。

>>858

>大戦末期のナチパイロットの平均寿命は7日間だったらしいぜ

>セミかよw

899名無し三等兵

>>889

運用上、日本側のほうが有利だった。

900名無し三等兵

>>899

リンドバーグ呼んでライトニングで長距離を飛ぶための白熱教室を開いてまで長距離飛行をやってたからの

904名無し三等兵

>>899

理由を書けよ禿げ

947名無し三等兵

>>937

北方四島を統治するのは大ロシアである

竹島を統治するのは南朝鮮である

尖閣は日本が統治するのである

これこそが秩序である

大ロシア万歳 北鎮は大ロシアに委ねよ

日本軍を完膚なきまでに粉砕した世界最強陸軍はロシアに有るのだ

949名無し三等兵

>>947

ノモンハンでたった一個師団の歩兵に8個師団で大苦戦したジューコフwwwwwwwww

そのジューコフにバクラチオンで完膚なきまでに叩きのめされたナチwwwwwwwwwww

954名無し三等兵

>>949

道具の良し悪しで勝敗が決まったというのにまるで条件おなじのスポーツみたいないいぶりだな

956名無し三等兵

>>954

『絶滅戦争を仕掛けて、返り討ちにされた』ってスゴいの?

983名無し三等兵

メッサーやスピットのように発達性はエンジンの改良も考えるもんだか、さすが朝鮮人ノウタリンだなw

機体の発展性と中島の栄エンジンの改良の事と別にかんがえられないやつw

984名無し三等兵

>>983

エンジン換えても零戦のスペックは大して向上してない

脳が足りんのはお前だったな

987名無し三等兵

>>984

栄の過給器が一速から二速になって全開高度がずっと高くなってるんだが

990名無し三等兵

>>987

たったそれだけ?

992名無し三等兵

アンカミスしたw

>>990のゴミ虫の事なw

1004名無し三等兵

零戦がゴミなのは米軍も認めている。

1005名無し三等兵

>>1004

ほうwwwその零戦を鹵獲して必死で対策錬ってたわけだがw

とうとう終戦までDo not dogfight Zekeだったなwww

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする