なぜ中国はアメリカになれなかったのか。

1世界@名無史さん2011-07-30 13:01:53

あれほどの大きさがありながらなぜなのか。

43世界@名無史さん2011-10-25 10:48:12

>>1

これからなるんだろ

44世界@名無史さん2012-03-10 14:16:48

>>1

次の100年の覇権国中国、人口ボーナスメリット終わるが、土地バブルが残されていると思う。

これからが成熟した債権国への道。

62世界@名無史さん2012-03-14 09:50:35

>>1

まずバッシと結論を述べてはどうでしょうか、途中からちゃちが入りすぎ、理論の展開に苦労されてませんか。

>>61>>56と同じ事の繰り返しになってませんか。

私には「〜なると困るから〜には成らない」としか聞こえません。あえて反論すれば、>>1の結びは「ちゃいが覇権で世界ジ・エンド」こうゆう結論になるのではないですか。

94世界@名無史さん2012-10-27 17:18:06

>>1

人口が多いからだよ。文化大革命で、3億人ぐらいの適性人数になれれば良かった。

6世界@名無史さん2011-07-30 18:43:00

よくバカな日本人が「中国は我々の高度経済成長を見習っている」なんて

寝言ぬかしてるが、こんな植民地を誰が模倣するかっつーの。

シナは米英戦争後に「先進国」英国から経済封鎖を受けたアメリカのやり方を

踏襲してる。

7世界@名無史さん2011-07-30 18:50:56

マジな話し、儒教だろ。

カトリックも真っ青な足の引っ張り合い宗教

159世界@名無史さん2014-10-26 22:52:09

>>7

また儒教のせいで発展できないとかいってんのか

じゃあ何で朱子学の日本は発展したんだよ

8世界@名無史さん2011-07-30 18:56:01

そのうちアメリカのほうが中国化するよ・・豊富な食料による人口大爆発、

科挙に見られるような学歴重視、資本家と政治家との意思の分離、儒者からの

批判によりやる気のなくなる軍隊、主権を持とうとする軍需利権を持った

将校(ブッシュ政権がこれに近い)、資本家や外国などに雇われた

張儀のような演説家の跳梁跋扈(ロビイスト)による外交方針の転換・・

宮崎一定はずっと前から「世界は欧州化しているのではなくて、欧州が

中国化してるんです」と主張してたが、まさにその通りだと思う。

10世界@名無史さん2011-07-30 19:00:48

4大文明仲間のインドや中東やエジプトもアメリカみたいになれなかったな

12世界@名無史さん2011-07-30 20:36:16

ジョン・スチュアート・ミル『自由論』

われわれは、中国に一つの警告的事例をみる。それは、次のような、まれにみる

幸運のおかげで、豊かな才能と、いくつかの点では知恵さえ富む国民である。

この国民は、もっと進歩したヨーロッパ人でさえ、ある限定下では賢者や

哲学者の名を献ぜざるをえないような人々によって、ある程度つくられた、

一連の非常にすぐれた習慣を初期の時代に恵まれていたのである。また、

彼ら中国人は、その所有する最善の知恵を、社会のあらゆる人人の心に

可能なかぎり印象づけ、その知恵のもっとも多くを自分のものとした人々に、

名誉と権勢の地位につくことを保証するという、制度の優秀さという点でも注目に値する。

たしかに、このことを成就した国民は、人類の進歩の秘密を発見したのであり、

したがって、たえず世界の動きの先頭の位置を保持しえたはずの人々であった。

だが事実は、その反対に、彼らは停滞してしまった−幾千年ものあいだ停滞を

続けているのである。もし、彼らがさらに改善されることがあるとすれば、

それは外国人たちによってなされるにちがいない。彼らは、イギリスの

博愛主義者たちがあれほど熱心に奮闘していることに−すなわち国民をすべて

一様にし、すべての人が自己の思想と行動を同一の格言や規則によって

支配するようにすることに、あらゆる希望をうわまわる成功をおさめたのである。

そして、その結果は今述べたとおりである。

17世界@名無史さん2011-07-31 07:32:03

>>12

中国が数千年間停滞していたと決め付けるのはなあ

38世界@名無史さん2011-09-11 08:24:18

<GDP対比での軍事支出ランキング(2008年)>

1位:サウジアラビア 8.0%

2位:イスラエル     7.0%

3位:イラク       6.2%

4位:ヨルダン     5.9%

5位:イエメン      4.4%

6位:アメリカ      4.3%

7位:シンガポール  3.9%

8位:コロンビア    3.7%

9位:スリランカ    3.6%

10位:ギリシャ     3.6%

(ロシア         3.5%)

(韓国          2.8%)

(中国          1.9%)

(日本          0.9%)

48世界@名無史さん2012-03-10 19:07:49

>>38

北朝鮮は20%を軽く超えてるだろ。

あと冷戦時代のソ連も20%を超えていたはず。

42世界@名無史さん2011-10-07 21:03:37

う〜ん、中国以前にアメリカが特殊な国だからね。単純には比較できない。

中国は大国であるがゆえに、大航海時代のヨーロッパのような新天地を求める情熱がなかったのかもねぇ。

モチベーションが低かったと言うか。成功体験に埋没したと言うか。

まあ、でも21世紀はアジアの時代とも言われている。

中国にはまだ越えなきゃいけない壁は多いし、民主化の過程で複数国家に分裂する可能性だってある。

でも、中国、インドは人口量を武器に、21世紀の中心にはなると思う。

でも、アメリカはそれ以上になるかもしれない。

なぜなら優秀な中国人、インド人は自国にとどまるより、アメリカに渡ってしまい、結局アメリカの国益になる。

ヨーロッパ、日本の停滞はもう不可避だろうね。

アメリカのように活発に移民を受け入れるほどの土地もないし、その革新性もない。

人口停滞に比例して、小国化していくと思うよ。

46世界@名無史さん2012-03-10 18:28:48

>>42

優秀な人がアメリカに渡る事はないよ

47世界@名無史さん2012-03-10 19:06:03

>>46

中国で最高峰のエリート大学といえば、北京大学や清華大学が挙げられるだろう。

しかし、この2校も、「アメリカの大学へ行くための予備校」といった陰口を叩かれているらしい。

50世界@名無史さん2012-03-10 19:13:03

>>47

それはないよ。アメリカの大学に劣っていないからね

49世界@名無史さん2012-03-10 19:10:57

>>48

アフガンと戦争してた時のソ連はGDPの20%近くが軍事費に費やされていた

52世界@名無史さん2012-03-10 22:10:53

>>50

だよね。自分たちは優れていると信じているもの。

ハイアールは、先進国の家電製品と同レベルと信じている。

輸出をして、自分たちのブランドを高めたのち、海外へ進出ではなく、

一気に、工場を海外に建設(自動車会社の工場を欧州に建設)。

53世界@名無史さん2012-03-10 22:36:54

感情論の人しらね

おれeuならユーロ、ロシアならルーブル買うだけ

人民元は今現在投資出来ないそんだけ。

56世界@名無史さん2012-03-10 23:50:55

中国がアメリカ水準で資源を消費したら地球環境が壊れる

そして現代文明そのものが崩壊してしまう

57世界@名無史さん2012-03-11 00:42:25

>56

そうゆう説明のしかたなら議論できる。>>44  >>53

63世界@名無史さん2012-03-14 10:08:48

すでに経済だけでなく政治でも中華のほうが立場上になっちゃったからなー

シロンボが経済力で中華に勝てたのは20世紀だけになっちゃうねw

ギリシャもローマも経済力は中華の1/20にも及ばない土人国家だったし短い天下だった

65世界@名無史さん2012-03-14 10:55:25

>>63

既に上なのに経済は土人並みの生活水準、台湾すら取れない政治力

その精神勝利法で逃避してきたから異民族に支配されたりアヘン漬けにされるんだろw

66世界@名無史さん2012-03-14 11:08:57

>>65

内陸部の話だけで、沿海部の富裕層を無視してないかな。

67世界@名無史さん2012-03-14 11:16:08

>>66

連中は米国籍取得済みの漢奸だろ

ユダヤの手先

70世界@名無史さん2012-03-14 16:57:13

台湾はすでに文化的経済的に統合したし馬政権中に政治的にも統合確実

落ち目の黒人国家アメリカは日本から追放されそうだし日本はまた中華の属国化するのか

73世界@名無史さん2012-03-15 00:17:18

日本が支那の奴隷になった事は有史以来一度たりともないのだがw

せいぜい古代の一時期に遣唐使送ってたくらい

91世界@名無史さん2012-06-07 20:15:18

どっちも自分勝手で野蛮な国だよね…

>>73

え? 冊封受けてたじゃん。

80世界@名無史さん2012-03-15 17:42:45

国力だけでアメリカに取ってかわれるほど甘くはない

ジャイアニズム丸出しのアメリカも、法治主義でタテマエや国際法を守るだけのデリカシーは残ってる極道なので、

国際社会からの批難の声は比較的抑え目になってるが、

中国はジャイアニズム丸出しなうえに、人治主義でタテマエも国際法も守る気ゼロの外道なので、

国際社会からボロクソに批難されまくり

81世界@名無史さん2012-03-15 19:31:04

>80

政治体制の違いと、とらえてよいか。

法治・民主主義国家vs一党支配国家、民主国家が勝ると。

私は、まさにこれから米国に変わり中、EU,印、が覇権国になると思うのだが。

92世界@名無史さん2012-06-07 22:30:11

>>91

だから遣唐使の時代がそれだろ

97日本@名無史さん2013-04-01 12:21:49

>>92

遣隋使・遣唐使の時代より、倭の五王の時代でしょ。

倭の五王に関しては、朝貢して官位を貰ってるわけだから、

冊封体制に組み込まれてたわけで、属国だったと言われても仕方がない。

本居宣長もほとほと困って、「倭の五王は天皇ではない!」

なんていう電波理論を持ち出して、否定しようとしたが、

倭の五王はどう考えても大和朝廷。九州王朝なんて存在しない。

103世界@名無史さん2013-05-05 00:12:34

まあ秦の始皇帝が統一してしまったからね

それ以前はバラエテェとんでたけど

秦は徹底的法化主義勝ち抜いたが法家では数十年も持たなかったのである

105世界@名無史さん2013-05-05 10:14:07

>>103

秦が滅んだのは統一後もベトナムや匈奴との大規模戦争を続けたからだよ。

君主権力伸長のための法家主義は漢代になっても続いた。郡国制による諸侯国

の制限と最終的な呉楚七国の乱でそれまでの分裂時代が最終的に終わった。

それを下支えしたのが法家思想であることは韓非子を読めばわかることだ。

122世界@名無史さん2014-05-05 13:06:55

アメリカは所詮 経済力・軍事力・文化力だけの国

中国に経済力・軍事力・文化力があれば

アメリカみたいになる

云わばアメリカという国は中国が強大になったVerだ

136世界@名無史さん2014-05-18 02:27:30

コンピュータでマルチバイト文字を扱う苦労が無くなってたはず

コンピュータの仕組みが最初から漢字を使うこと前提に作られただろうから

137世界@名無史さん2014-05-18 02:52:20

>>136

メモリー・ディスク容量の関係で無理だな。

初期では、漢字ROMも難しかった。

138世界@名無史さん2014-05-18 03:10:57

>>137

そのとおりでやっぱり初期のコンピュータで漢字を扱うのは能力的に無理だけど

将来、能力が向上したら漢字を扱うことを前提に設計するのとそうでないのでは

かなり違ってくる

143世界@名無史さん2014-05-21 19:49:48

LINUXに替えろって、今までのWindowsの資産をどうすんだろ?

単純な話、OSだけではなく必要なアプリは全部LINUX用を入手しなけりゃならないし、

ファイルも移行できないものだってあるし。

まぁエミュレーターもあるようだけど、処理速度半分以下は確実だし。

149世界@名無史さん2014-07-01 19:39:32

工業に力いれるのが

日本やアメリカ西ドイツに比べて遅すぎて輸出シェア参入の余地が無くなってたからだと思います

逆になぜこの三ヶ国だけ異常に早くから工業による国づくりを行ったのか謎ですが

153世界@名無史さん2014-07-23 17:57:38

>>149

むしろイギリスが何故工業国として落ちぶれたのか不思議

161世界@名無史さん2014-10-27 00:39:48

>>159

禅宗がカウンターバランスとして機能してたから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする