銀英伝(銀河英雄伝説)の二次創作について語るスレ42

1この名無しがすごい!2017-11-22 23:24:53

ネット上にある「銀河英雄伝説」の二次創作SS全般について語るスレです

・次スレは>>970が立てること(立てられないなら報告推奨)

・sage進行推奨

・荒らしはスルー・コテはNG

※前スレ

銀英伝(銀河英雄伝説)の二次創作について語るスレ41

原作を論じたい人はこちらへ

田中芳樹総合109

2次SSの作者や、このスレの投稿者等々の個人を論ずることは、おやめください。

これらは「銀英伝の二次創作」ではなく、スレ違いです。

3この名無しがすごい!2017-11-22 23:55:02

>>1乙

6この名無しがすごい!2017-11-23 11:01:42

>>1乙

8この名無しがすごい!2017-11-23 12:10:31

>>1乙

44この名無しがすごい!2017-11-25 08:03:30

>>1乙

13この名無しがすごい!2017-11-24 14:05:08

乙です

逃亡者のヤンがエリヤと頑なに話をしたがらないのは、口を聞けば影響を受けてしまうからと気づいた

再生会議のクーデターまでは単に右翼で政治家に媚びを売るやな奴止まりだった

だけど、再生会議のリベラル派兵士達を仲間割れさせ、絶対にそりの合わないレべロ達とも共闘を実現させた

なんだこいつは、得体のしれない奴だ。しかも事ある毎に自分にコンタクトを取ろうとしてくる

何を考えているんだこのエリヤという男は私も取り込むつもりか。絶対に会わないし話もしないぞ

ヤンの中でどんだけ正体不明の化け物になってるのか楽しみだわ

14この名無しがすごい!2017-11-24 14:26:45

>>13

なるほどたしかにそうかも

話せばわかる、を確実に実現できる人ってあまりいないよね

つまりヤンはエリヤと話して分かり合えてしまうことでアイデンティティを失うことに恐怖を感じてるのかも?

27この名無しがすごい!2017-11-24 21:08:18

そういうキモいレスはこう返されるのだ

本人乙。

35この名無しがすごい!2017-11-24 23:25:18

>>27

そういうこと言うのは止めようぜ

流石に不毛すぎる

42この名無しがすごい!2017-11-25 07:25:24

ヤンからみたらエリヤが懐柔しようとしてるってのは相当不愉快だと思う

70この名無しがすごい!2017-11-25 13:25:38

宇宙歴789年からハイネセン主義改革は801年までずっと行われ続けて、国レベルでは成果を上げていないって点も忘れるべきじゃない。

10年以上同じアプローチを続けて成果なしだったら、批判を浴びてもやむをえないとおもうけどな。

72この名無しがすごい!2017-11-25 13:49:21

>>70

戦争で浪費してたら、どうにも成らんだろ。

74この名無しがすごい!2017-11-25 13:55:11

>>72

>不景気と地方補助金の廃止によって自治体の財政が立ちいかなくなり、公務員への給与支払いは停止された。公的支出の激減は脆弱な辺境経済を壊滅に追いやった。

政府に支援を申請しても自助努力を求められ、公債を発行しようとすると財政均衡の維持を求められるので、救済策の資金も調達できない。

上のはレベロ政権の例。ハイネセン主義改革自体が悪循環を招いている。んで、それまでの政権だと人気取りのために出兵してダメ押し。

いくらハイネセン主義に基づいて改革しても、ただ自分の首を締めていくだけ。

79この名無しがすごい!2017-11-25 14:30:11

分かりにくいんだよね

同盟が唯一の民主主義国家だから民主主義を守る=同盟を守るじゃないの?って思っちゃう

82この名無しがすごい!2017-11-25 14:56:21

>>79

「同盟を絶対視せずとも、必要なら新しい国作れば?」て発想が、普通に有ると思われ。

とは言っても、同盟政府に暗殺され掛かっても、それでも関係修復に期待を持ってたり、既存体制にも結構未練たらたらだった様だが。

年金の事も有ったしなw

>>74

コンパクトシティならぬコンパクトガバメントが必要な事態だな。

そう言う意味では、バーラト星系だけに縮小するのはアリだったのか。

106この名無しがすごい!2017-11-25 22:24:51

帝国は減っていた訳だが、同盟は、十数万人から始めて150億人。

ヤンの時代での同盟の人口増加率は、どうなってたんだろう。

110この名無しがすごい!2017-11-25 23:59:19

>>106

同盟人、めちゃくちゃハッスルしたんだろうなぁ…

111この名無しがすごい!2017-11-26 00:59:04

いつ終わるか分からない長征(多分宇宙船の都合上出生率管理もされてた)から解放されて子供作りまくるぞーってなったんだろうな

112この名無しがすごい!2017-11-26 01:57:56

逃亡者だと元銀河連邦の消息不明だった植民惑星の発見、併合を行っていたという設定だったな。

人口増加政策もあっただろうが、惑星の開発の手間を考えたら、大部分はそういう併合した惑星の人口じゃなかろうか。

113この名無しがすごい!2017-11-26 02:32:59

ロストコロニーって原作ではなかったはず

129この名無しがすごい!2017-11-26 17:13:08

>>110 >>111 >>112 >>113

ロストコロニー設定は甘蜜柑のオリ設定なので、この場合考えなくていい。

銀河系史概略に、多産が奨励と書いてあるから、ハッスルしたら得な政策が行われたと思われる。

現実のリベリア並みの人口増加率だったんだろう。

で、惑星ハイネセンや他の初期入植惑星が、余程好環境だったのかもね。

144この名無しがすごい!2017-11-26 21:12:58

>>129

甘蜜柑以前にもロストコロニー解釈はファンの間であったはず

147この名無しがすごい!2017-11-26 22:13:27

>>144

銀河系史概略に書いてないからな。

俺的にはナシ。

てか、どいつもこいつも、リベリアの人口爆発の事例とかは知らねえんだろうよ。

で、田中芳樹氏の設定の穴を俺が補填してやんよとか増長してんだろ。

150この名無しがすごい!2017-11-26 22:32:27

>>147

数字しか見てないのな、おまえは

リベリアの人口爆発は飢餓や社会不安の引き金

あのペースで人口増えたら社会が崩壊するわ

152この名無しがすごい!2017-11-26 22:40:30

>>147

リベリアの場合、人口爆発というかむっちゃ人死んでるのに人口の数字があんまかわってないだけやからな。

もし死亡率が低下してるのに出生率そのままだったら普通に社会の処理能力というか許容量が早々に限界に達して、社会システムが崩壊するわ。

151この名無しがすごい!2017-11-26 22:40:14

>>150

未来だからな。

イイ感じで制御できたんだろうよ。

そう言う脳内補完の方が、ロストコロニーとか、折に触れてこっそり帝国から拉致してたとかの捏造設定より、なんぼかマシだ。

154この名無しがすごい!2017-11-26 22:44:07

>>151

そんなスンバラシイ技術があったら、銀河連邦は停滞しなかっただろうし、銀河人口が九割減少なんてこともなかっただろうよ

194この名無しがすごい!2017-11-27 12:13:26

大勲位って演説名人だったのか

後方勤務でタカ派って時点で有力だとは考えたけど決めてに欠けてなぁ

195この名無しがすごい!2017-11-27 12:47:38

まったく知らない人間がここのレスだけ読んだけどバーコード頭でスマートなルックスってどういうことだ?と思ってしまう

201この名無しがすごい!2017-11-27 14:59:45

>>195

歴代総理の中でも高身長だからね

それこそ身長でアメリカ大統領に並んでいる姿を見るとスマートに見えるんじゃない?

というかあの人主計の人だけど一応前線勤務してて部下とか死んだりしている激戦潜り抜けてなかったっけ?

210この名無しがすごい!2017-11-27 15:53:02

>>194

演説はうまいし、マスコミへの受け答えはそれ以上にうまかった

>>195

当時の日本人は欧米コンプレックスがめちゃめちゃ強かった

大勲位は背が高くておしゃれで英語ペラペラで、

白人と並んでも見劣りしなかった

農家の親父にしか見えない他の政治家と比べると、スマートに見えた

>>201

大勲位は主計だけど前線に出てる

でも、当時は主計ってだけで後方勤務と決めつけるのが多かった

ネットがなかったから、適当こいてもばれなかった

八十年代の言論なんてそんなもん

今でも大勲位は安全な後方勤務なんて吹いてる知識人がいるけど

224この名無しがすごい!2017-11-27 19:25:21

一応逃亡者ってさ

そんな奴おるわけないやろってんで、ああなったんだよな?

227この名無しがすごい!2017-11-27 19:55:54

>>224

こいつらただの無能じゃないんだ

能力はある

瀬島はデスクワークの天才でビジネスマンとしても超一流

辻は人心掌握の天才

服部はコミュ力があったし、理論家としては優秀

だから質が悪い

228この名無しがすごい!2017-11-27 20:10:45

>>227

こいつらの場合、たしかに能力はあるんだろうけど、問題点は能力じゃねぇんだよなぁ。

問題は責任は自分ではなく他者に押し付ける&指揮系統とか国際法とか知らんな暴走性だからな。

ついでにいえば、恥を恥とも思わぬ強靭な精神力と自分の主観の強さが尋常ではない。

232この名無しがすごい!2017-11-27 20:58:38

>>228

フォークにそれが備わってたら怖いな

247この名無しがすごい!2017-11-28 00:47:35

>>232

ワロタ

250この名無しがすごい!2017-11-28 04:53:11

>>232

ダイヤモンド製メンタルのフォークならヤンとラインハルトが死んだ後も元気に生きそう

326この名無しがすごい!2017-11-29 16:55:11

他に社会的混乱を収拾できる有能な共和派政治家がいて障害になれば、ルドルフはクーデター起こしていたのかもね。

327この名無しがすごい!2017-11-29 17:02:24

>>326

いずれにせよ詰んでないかそれ!?

329この名無しがすごい!2017-11-29 18:12:27

>>327

でぇじょうぶだ。ルドルフ人気は民衆の政治家不信の裏返しでもあるから、その豪腕政治家がルドルフの支持基盤食い荒らして、ルドルフのクーデターも止めれるよ。きっと。

……まあ、そこまでいくとその政治家が「俺以外の無能政治家などいらぬぅ!」って調子のって終身執政官に就任して、独裁体制築くかもしれんが。

334この名無しがすごい!2017-11-29 18:36:03

>>329

結局一緒やんけ

352この名無しがすごい!2017-11-29 20:15:11

まあ楽観論もある程度あった方が研究資金や人材も集まりやすくなっていいんじゃないの

383この名無しがすごい!2017-11-30 22:14:56

ケスラーの上司だったというおいしいポジション

また過程はどうあれ帝国で口外できないようなありとあらゆる秘密に精通していたことを考えると

軍人としてはともかく、策士としては実はめっちゃ有能だったんじゃね?という評価になってもおかしくはない

392この名無しがすごい!2017-12-01 06:06:41

原作を読んで、色んな二次創作を読んで、また原作を読み直したんだけど……改めて同盟って詰んでるなあ

帝国も詰んでたけど帝国なので、ラインハルトが専制的に改革をする事が許された

しかし同盟は設立経緯からして腐敗しきってる民主主義を捨てられない

そうなると一人が覚醒・転生・憑依しただけじゃ無力という

395この名無しがすごい!2017-12-01 09:46:36

>>392

ダゴン会戦後に同盟に亡命しようとする帝国の亡命希望者を片っ端から強制送還すれば同盟は腐敗しないし詰まなかった

400この名無しがすごい!2017-12-01 11:26:31

>>395

別に帝国の亡命者なんていなくても腐敗はすると思うよ。

歴史上、建国の功臣の子孫が腐敗した権力者になった例なんていくらでもあるし。

396この名無しがすごい!2017-12-01 10:17:09

ごめんな、逃亡者が全然リアルに感じられないんだわ

なんか、素人が予想した為替相場みたいだ

自分が為替で食ってるからそんな例えするけど、材料がこれとこれ出てるから、組み合わせたらこうなるだろうっていう予想

そういう予想はまるで外れることが多い

材料と結果は関係ないんだよ

407この名無しがすごい!2017-12-01 13:02:48

>>396

逃亡者に限らず全ての創作物に言える事だけれど、リアルな部分もそう感じない部分もあるでしょうそりゃ

逃亡者で言うならまず、ヤンファミリー以外の行動に一定以上の説得力を持たせている

ヤンと敵対する奴は無能か何も考えてない、みたいな風潮に辟易してた身としては嬉しい

散々ねーよって突っ込まれてる臨機応変に〜の理由付けなんかもそう

逆にヤンたちを極端にダメにする事もせず、原作らしい描写を違う視点から見られる

おなじみの毒舌や怠惰が他者の目にどう映るかも、とてもリアルに感じた

でも、政策や行政に関しては両極端過ぎてついていけなかった

軍人や公務員を大量に削減して、制限まで設けつつ再就職は全部自助努力に期待とか

ヤンとアッテンボローの率いるイゼルローンもあそこまで極端なエリートだけの住まいにするかね

逆にトリューニヒトの大衆受け狙い政策と民衆の反応も……

いくらブラック企業の社長だろうと正規軍が軍艦使って殺したら喜ぶより先に青褪めるわ

402この名無しがすごい!2017-12-01 11:29:39

>>400

功臣の子孫どころか、建国の父が権力亡者になって惨劇を起こすなんて事例もあるわけだし。ムカベとか。

496この名無しがすごい!2017-12-01 22:01:21

>>402

全く関係ないけど、エルガイムのポセイダルを思い出してしまった

英雄も長く居座ると碌なことにならんな

そういう意味ではラインハルトはいいこの世の去り方をしたのかもしれん

418この名無しがすごい!2017-12-01 14:06:43

>>407

逃亡者の良い点悪い点に関しては私も全く同感です

特にイゼルローンは原作だとむしろ平凡な人が、それでも生き生きと働いている印象が強かったので……

極端なエリート主義というと、ちょっと違わないか? という感じがします

422この名無しがすごい!2017-12-01 14:17:03

>>418

逃亡者だと士官学校が超絶難関エリート校という解釈が入って、そこから20代から30代の若くして栄達した超エリートたちの物語として再解釈されてしまっている。ローゼンリッターですら宣伝のための看板部隊ってことになっているし。

そうなると、イゼルローンも超エリートたちの楽園となってしまうんでしょうね。

420この名無しがすごい!2017-12-01 14:16:40

君の名はのヒルダは不穏な雰囲気がする

424この名無しがすごい!2017-12-01 14:19:08

>>420

全体の流れとしてはいい感じなのに

不穏ですよねー

アンネローゼ様と三角関係というかヤンデレ化しそうというか

それとキルヒルだと、金髪さんは誰とくっつくんだ!?

426この名無しがすごい!2017-12-01 14:23:22

>>422

軍人はそうかもしれんけど、イゼルローンは民間人もそれなりにいた気が。

食堂のおばちゃんとかバーのマスター的な。

ヤンファミリーの活気にあてられて民間も活気付いてる感じが原作でしてたんで、その辺は解釈の差でしょうかね?

原作の雰囲気は軍需景気と言われればそれまでですが。

イゼルローンの食堂のおばちゃんのヤン評とエリヤ評聞いてみたいですね。

445この名無しがすごい!2017-12-01 15:57:49

どうしてイゼルローンがあれば安心なんだ?

同盟はイゼルローンを占拠して帝国から奪ったんだよ

味方にできた事が敵にはできないと断ずる根拠は何?

ましてイゼルローンを作って知り尽くしているのは帝国だよ

仮に天才のヤンに任せておけば大丈夫、という事でその代は防衛しきったとしよう

ヤンが死んだあとはどうするんだ、次の天才に期待するのかい?

446この名無しがすごい!2017-12-01 16:02:53

>>445

原作ではその高々数十年の平和が欲しいってのは言ってたな

それこそ高度経済成長の例もあるし、その数十年で何とか経済を立て直して、再度講和を結ぶか(原作では数十年の平和を続けていければ、みたいな話もあった気が)今度こそ決着つけるかができれば、ってことでは?

447この名無しがすごい!2017-12-01 16:05:45

>>446

自分が使う金を子孫に返させるようなやり方は、未来に対する詐欺なんだよね?

じゃあ自分が金を稼ぐ代わりに子孫の安全を保障しないのは、未来に対する何だろう

軍縮します、当代は天才頼りの防衛をします、数十年後の平和は知りません

これはこれで国家として無責任なんじゃないかな……

450この名無しがすごい!2017-12-01 16:14:51

>>447

うーん、そこはヤンの限界ではあるけど……

でもヤンが守りきった数十年後は死にかけの今と状況が変わる、帝国だって皇帝が変わってるだろうから方針も違う。

その時々で国内の状況も国際情勢も変わるのに、むしろ軍備を維持し続けて絶対国防します、ってかえって無責任じゃないかなー

永遠に戦争終わらせる仕組み気づいたはずの第一次大戦後とか、アメリカでもある戦術戦略に固執し過ぎて現実に対応できなかった、ってのもザラにあることだし

維持費の掛かるロートルをたくさん持ち続けるより、今身軽になって、数十年後に最新鋭の戦力を再度大量に得るって戦略、そんなに間違ってるかなぁ?

453この名無しがすごい!2017-12-01 16:25:43

>>450

ハードウェアはそれでいいと思う。すぐに最新鋭の戦力を整えられるから。でも人材はそうはいかない。

そのヤンがいるから何とかなる数十年はヤンが退役したあとの指揮官を育てるための貴重な数十年なんだし。

平和を期待して将校や下士官の育成を思い切り削減したら、

また戦争が再開してしまいましたってなったら、それこそ目も当てられないと思う。

452この名無しがすごい!2017-12-01 16:23:59

え、数十年後に軍拡する前提で軍縮するの?

そしたらその精鋭とやらはどこから湧いてくるのかな、ロートルもドンドン切っちゃうんだよね?

じゃあ誰がひよっこの新兵を育てるのかね

まさか学校で教育したら精鋭が自動的に生えてくるなんて思ってないよね?

454この名無しがすごい!2017-12-01 16:34:50

>>452

あ、ロートルってのは機械の方ね

別にすぐに人間全部首切れって訳じゃないし……

民間に戻すべき人材はいるにしても

>>453

むしろ平和だから練度を上げられる面はあると思ってる

旧軍末期と今の自衛隊を比べれば

458この名無しがすごい!2017-12-01 16:42:44

>>454

実戦でなきゃ身につかないことも有るけど演習なら人が死なないからなw

485この名無しがすごい!2017-12-01 21:01:08

逃亡者世界の軍縮が良い目で見られにくいのは、良くなった部分が描写されていないからだと思う

・遺族年金が大幅に削減され、父や夫や息子を失った遺族が困窮する

・政治家や財界と親しい(つまり軍政や財政のわかる)軍人を大量に予備役送りにする

・退役軍人を高給で雇う企業と取引を止めて大量の管理職の解雇を引き起こす

・経済は悪化の一途を辿り、物価と株価は下落する

・失業率が25%に達し、犯罪や自殺が急増

・規制撤廃を推進→過当競争を助長し企業が弱る

・企業向け大減税を行う→財務体質改善で手一杯

・職業訓練を拡大→仕事が増えないので失業者が減らない

以上が逃亡者のレベロと良識派のやった事だけど、そこまでやって何を手に入れたのか?

それがまるで見えてこない……こんだけ税収の落ちる材料が並んでちゃ財政も良くなったように思えない

487この名無しがすごい!2017-12-01 21:19:03

失業率が爆上がりしてる中で地方に大量の移民を突っ込む、が抜けてるぞ

あと地方補助金の廃止と公債発行の抑制(財政均衡の維持)を同時にやったね

地方星系公務員の給与支払い停止を引き起こし、反移民運動が燃え上がりった

見直してたら軍縮したばかりの陸戦隊を移民の警備に突っ込んでるな

すげーヘイト買ってそう……というか実際に暴動やテロも頻発してるし

532この名無しがすごい!2017-12-02 02:20:31

>>485 >>487

政経には詳しくないんだけど、これって苦い良薬レベルで済むものなの?

俺には心臓を摘出してから移植する代わりの心臓がない事に気付いた程の事態に映るんだけど

516この名無しがすごい!2017-12-01 23:35:01

レンネンの人事は失敗する事が半ば分かっての人事だしロイエンタールはウルヴァシー

の件がなかったら反逆はしない(するタイミングがない)だろうし。

ラングの人事はオーベルシュタインが絡んでるし。

擁護不可な人事って無いんじゃないのか?

525この名無しがすごい!2017-12-02 00:27:14

>>516

ラインハルトの人事でそういう事情抜きでツッコミいれられるものがあるとしたら、トリューニヒトの仕官を認めたことと芸者鑑賞にまったく適性がなき軍人どもを連れてったことくらいだろ。

んでトリューニヒトのは結果的にロイエンが処理してくれたし、芸術鑑賞も実害がないからなぁ。

533この名無しがすごい!2017-12-02 02:42:45

>>532

血が濁りきっててやばいですけど致死量限界まで血抜きして、造血作用を促せば生き残れる目はあります(死ぬ可能性も無論ある)レベル。

それに対してトリューニヒトは借金してフェザーンから血液提供してもらい、それと濁った血液入れ換えればいいじゃないって感じ。

553この名無しがすごい!2017-12-02 09:47:24

>>551

補助金増額、辺境振興事業とかいろいろやっているんだが、それは無視か

653この名無しがすごい!2017-12-03 10:10:54

ヤン批判はあっても、ヤンに能力的な意味で勝てるオリ主提督はおらんよな

不文律みたいになっとる

655この名無しがすごい!2017-12-03 10:16:36

>>653

ある種人類の極北扱いですかね

前エリヤの能力はヤンの女房役みたいだ、と書かれてましたけど、

プログラミングとチーム構築・維持とプレゼンテーションの天才がヤンの味方だったらちょっと面白そう

658この名無しがすごい!2017-12-03 10:31:57

>>655

キャゼルヌが、別の方向性だがヤンの最高のパートナーだった、と。

…ユリアンでもあれだけのことができたほど。

659この名無しがすごい!2017-12-03 10:39:24

>>658

キャゼルヌさんは来歴も割と謎が多い方ですし、一見地味ながらものすごい人ですよね

663この名無しがすごい!2017-12-03 11:58:19

>>659

ヤン艦隊とイゼルローン全部の事務を担当

一週間病欠するだけで事務全般がかなり滞り苦情が殺到(逆に言えばそれだけの激務を普段は難なく処理)

この人がいなかったらヤン艦隊は成り立たないんじゃないかってぐらいだな

662この名無しがすごい!2017-12-03 11:34:13

ココアも原作知識なかったら負けてる

666この名無しがすごい!2017-12-03 12:08:16

>>663

これを基準とすると逃亡者世界のキャゼルヌ不在でより大規模の

イゼルローン総軍の事務を担当しているハンフリーズ中将も相当なチートなんだな。

キャゼルヌが考案したシステムが優秀なせいもあるんだろうけど。

667この名無しがすごい!2017-12-03 12:11:07

>>663

よく考えると事務仕事それだけ一人に集中してる状況がやばくない?

不安すぎる

665この名無しがすごい!2017-12-03 12:07:54

ココアも官僚コースが有り得たな

補給士官で出世して下士官のお姉さん嫁にもらうコースとか見たかった

669この名無しがすごい!2017-12-03 12:29:06

>>662

ココアの場合、原作知識がなかったら後方仕官になってない

>>665

当人もそのつもりだったろうにね、イゼルローンにさえ行かなければ

>>666

システムが優秀でも、動かす人間だダメだと止まっちゃうからハンフリもそうとう優秀なのは間違いない

668この名無しがすごい!2017-12-03 12:26:36

ヤンの何かを批判したらアンチって考えには賛同しかねるな、ヤン本人はそういうのを嫌ってたろうに

無欲で視点の高い不敗の英雄、それはそれとして好悪が激しく対話を怠り民主主義信奉者らしくない

どちらも合ってると思うよ

でもって戦術能力で彼に勝つというのはゴルゴを暗殺したり、セガールを捩じ伏せるようなもんで書いたとして面白くなさそう……

746この名無しがすごい!2017-12-03 21:35:51

あの作者さんだとヒトラーは差別主義は大いに隠していたらしいぞ。

民主主義への軽蔑は隠さなかったけど。あの時代ドイツでは民主主義は不人気だったから。

>選挙のたびにくり返されたことだが、やる夫の激しい反ユダヤ主義はぴたりと止み、

>「かつてのドイツ民族の栄光を回復したいだけだ」と強調した

ルドルフが選挙が血がづくたびに差別主義を隠してこそこそし始めたら、ちょっと違くないか?

第29章 やる夫の国会炎上編

747この名無しがすごい!2017-12-03 21:37:25

>>746

血がづくたびに→近づくたびに

759この名無しがすごい!2017-12-04 08:30:36

もしも地球教勝利エンドの世界にエリヤがいたら

761この名無しがすごい!2017-12-04 09:48:44

>>759

ドーソンが生き残れてるから初期の頃なら大丈夫やろうけど、ラグナロック以後のエリヤなら地球教が同盟のっとった時点で処刑されてそうだが。

767この名無しがすごい!2017-12-04 13:22:06

>>761

じゃがいもはよく生き延びたな

762この名無しがすごい!2017-12-04 09:49:47

そもそも帝国は民衆の熱狂的支持によって建国されたという事実がある

民主主義や議会に対する失望感は想像を絶する

772この名無しがすごい!2017-12-04 14:27:38

>>762

「これまでの政府は確かにどうしようもなかった…だからといってこんなの望んだ訳じゃない!」

…というのはないのか?

現代で言うなら圧政の独裁政権が倒れたと思ったらいつの間にやらイスラム原理主義に牛耳られて

前政権時代以上に自由剥奪と肉体的暴力致死刑がきつくなるというパターン

778この名無しがすごい!2017-12-04 19:04:23

>>772

暴力と残虐刑がたくさんあるイスラム原理主義政権が、内部から倒れた例は

20世紀後半以降思い出せない。

北朝鮮が存続しているように、完全な独裁を永続させる手法は確立している。

大国sが容認する限りどんな残虐な政権でも、いくらでも存続できるのが現実だ。

785この名無しがすごい!2017-12-05 16:57:34

どの小説でもジェシカ達反戦派の扱いが悪いのは何故なのか

下手な小説だと現代の頭お花畑の反戦派を投影したような存在になってるし

現代の反戦と銀英の反戦では内容が違うと思うんだよな

790この名無しがすごい!2017-12-05 18:11:04

>>785

ジェシカのやり方は万事が万事感情に動かされて感情に訴える自分に酔ったやり方ばっかりだからかと

スタジアムに関しては何でそこで明らかにやばそうなクリスチアンを露骨に煽りに行くんだと思ったよ

自分に酔っ払ってないならジェシカはとんだ命知らずのパフォーマーか自殺願望者だわ

794この名無しがすごい!2017-12-05 19:32:50

>>790

ジェシカが自分に酔っている?悪意に満ちた解釈だね

あそこでジェシカが言ったこともやったことも全て間違った行動ではない

明らかにやばそうなクリスチアンに暴行を受けている人間を見捨てて逃げるなり、這いつくばって許しを請うのが正解で賢い選択だと?

相手の理性を見誤ったっていうのはあると思うけどね

反戦派がそこまで現実が見えてない連中だったかと聞かれるとそうとは思えんな

799この名無しがすごい!2017-12-05 20:23:30

>>794

逃亡者のクリスチアンこそが真実で原作のは八月党の捏造だって言いたいんだろ何言っても無駄無駄

830この名無しがすごい!2017-12-06 03:33:08

>>794

明らかにヤバそうな相手でも賢いジェシカならもうちょっと上手に話せたんじゃないの?

あの場面でジェシカが仲間を見捨てたり赦しを乞うたりすればよかったとは思わないよ

でも相対した相手が理性の効くタイプかどうかって少し冷静に観察したらわかるのでは?

自分や仲間が必要以上傷つくことが本意じゃないなら普通は危険を避ける方法を考えるよね

しかも相手は武器を持っていてこちらは丸腰って状態なら賢い人でなくとも慎重に言葉を選ぶ

なのに煽りにいったジェシカは危険意識や相手への認識が甘過ぎたのでは?

人の理性を過信しすぎていた点をもって現実が見えていないということもできるけれど

824この名無しがすごい!2017-12-06 00:13:03

>>799

790は逃亡者の話なんて一言もしてないしクリスチアンがまともな人間ではないということもちゃんと認識してるだろ

クリスチアンがやばい奴なのはただの捏造で二次の綺麗なクリスチアンが真の姿だというのなら

煽ったって何の問題もないんだからクリスチアンへの煽りを問題視する必要はない

クリスチアンは本当はいい人だとか言ってるのではなく

クリスチアンはやばい奴でだからこそ煽るのがまずいって話じゃないのか

あと逃亡者のクリスチアンって原作より綺麗にはなってるけど普通に虐殺は引き起こすからな

旧版では口論相手のジェシカを殴り倒して虐殺の引き金を引いたし

新版では「あいつは何をするかわからん」と言われてクリスチアンがスタジアムの警備から外された結果

原作とは違って虐殺が起きなかった

逃亡者が真実だろうが原作が真実だろうがクリスチアンを煽ることの危険性は大差ないよ

逃亡者クリスチアンは初期から感情的になると暴力的になって主人公を怯えさせる描写があったキャラだ

834この名無しがすごい!2017-12-06 10:42:50

>>830

民間人に容赦なく手を挙げて威圧しているしなぁ

ちなみに、逃亡者の作者さん的には、ジェシカも扇動的な政治家らすぃ

835この名無しがすごい!2017-12-06 10:48:12

>>834

そうだった?

たしか逃亡者の作者さん的にはジェシカは確か活動家的なとかそんなニュアンスだったと思ったけど。

80年代的な反体制派とかそういうイメージでは?

867この名無しがすごい!2017-12-06 22:08:37

三田のラインハルトよりひどいもんなあ

870この名無しがすごい!2017-12-06 22:20:04

ココアは自分の能力見せようとして仲間売ろうとするやつはボッシュートですって感じで

前にここで紹介されたアンチヒルダはオリキャラ愛妾や原作帝国女キャラにいじめられまくった末に西太后化して最後には全身不随で生き地獄エンドだったか

やる夫フレーゲルはどんな扱いなの?

874この名無しがすごい!2017-12-06 22:56:41

>>870

「才気走った女はノーセンキュー」ってな具合に出てくる前に没シュートですな扱い

しかもわざわざ別の版権キャラをオリジナル扱いで登場させてラインハルトとくっつけた

避難所ではそのキャラの家庭的なセリフとヒルダの原作でのセリフをわざわざ比較してまでヒルダディス

あと前作でキラ・ヤマトにヒルダを論破させて否定するあたり、あの作者ヒルダ嫌いとしか言いようがない

877この名無しがすごい!2017-12-06 23:21:28

>>867

三田のラインハルトより酷いって、一体どんなレベルで酷いんだ?

貴族から奴隷に落とされて毎日他の奴隷の慰み者にされているとか、

呂后がやった人豚の刑を下したレベルじゃないのか?

>>874

キラ・ヤマト如きに諭破させるって、余程ヒルダを無能にしたかったのか、

又は女作者にありがちなスーパーヒーローキラ様の噛ませ役にしたんだろうな・・・

902この名無しがすごい!2017-12-07 12:40:57

フジリュー漫画版を今週読んで思ったけど、10万隻vs1万隻の追撃戦でよくあれだけヤン艦隊生き残ったな。

ヤン艦隊も食料や物資不足の上連戦で疲れ切っているのにあの損害ですんだことがすごいわ。

ヤンは原作では最大の艦隊の総数って回廊の戦いの2万8千隻だよな。

ビッテンフェルト、ファーレンファイトの戦い後で帝国軍14万6600隻に対して2万隻切って二週間もちこたえたからな。

逃亡者のイゼルローン総軍が3万8千隻の兵力が帝国軍にとっていかに絶望的かわかるわ。

910この名無しがすごい!2017-12-07 15:49:12

>>902

ヤン不在の上潜在的不倶戴天の敵たる第一辺境総軍も抱え込んで半ば機能不全ではあるがな

原作だと帰還中のヤンを捕殺できる機会を結局見送って命取りとなったが

ジークなら可能性を見落とさない、あるいは第一軍の方がわざとらしくヤンの位置を連呼しかねないな

912この名無しがすごい!2017-12-07 16:07:01

>>910

逃亡者の要塞対要塞の増援部隊を率いるヤンは四個艦隊を率いている。四万隻前後。キルヒアイスは五万隻。

どちらも、精鋭とは程遠い編成。

正直、キルヒアイスがヤンを狙ったところで、この戦力差ならヤンは単独でキルヒアイスを仕留められるんじゃないか?

逃亡者設定の現時点では同盟の方が帝国よりも戦力が豊富って前提を見落としている気がする。

913この名無しがすごい!2017-12-07 19:12:22

>>912

まあ第一辺境総軍が現状をキチンと認識出来ず、ヤンの足を引っ張れに出る奴は何人か出るのは否定出来ない

彼方此方の援軍要請でヤンの援軍が一万隻にまで減れば、キルヒアイスにもヤンを殺すワンチャンスは必ず訪れる

976この名無しがすごい!2017-12-09 14:42:11

宇宙での大量殺人なんて簡単だ、ちょっと空気を抜くだけでいい

あるいは酸素タンクにまぜものでも可能だね

ガスによっては皮膚が緑色になったり溶けたり、装甲擲弾兵も真っ青なご遺体の出来上がり

985この名無しがすごい!2017-12-09 18:38:09

>>976

つまり虐殺事件の発覚を恐れたタッツィーは、証拠隠滅の為に居住コロニーに毒ガス兵器を使ったと言う訳だな。反同盟派の無差別テロの仕業に見せかけようとして

ああ漸く犠牲者一千万人の数字に合理性が出て来た

989この名無しがすごい!2017-12-09 19:28:09

>>985

ちょっと違う。虐待の被害者が一千万(ヴィンターシェンケ住民)。そのうち虐待死したのが数百万人。

990この名無しがすごい!2017-12-09 19:45:12

>>989

まあ、例に出されているアウシュヴィッツだってガス室に送り込むのは「労働力としての価値」が認められなかった人たちやったっていうし。

収容者をこき使いながら、役に立たなくなると処分するというようなことをやってたのかもな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする