【セイタ】 火垂るの墓 【オバサン】

1この子の名無しのお祝いに2006-04-06 10:55:25

この映画を観るたびにセイタの身勝手さに腹が立ちます。

彼さえもっとしっかりしていれば妹も自分も死なずにすんだと思いませんか?

374この子の名無しのお祝いに 2006-09-11 00:13:53

>>1

私もね、見るたびに思いますよ 清太の甘ったれ!

お前さえしっかりすれば節子は死ななかったんじゃ!とね。

おじさんが言ってましたよね「おばさんに謝って家に帰りなさい。

あんたさんも海軍さんのお子でっしゃろ、しっかりしなはれ。」みたいなセリフ。

彼の言葉はまったくもって正論。

でもね、尊敬してやまなかった軍人の父が死に、母も死んで

庇護者を失ったことに折り合いがつけられない。ちっぽけなプライドだけが

かろうじて清太をささえていた。その子供っぽいプライドが清太と節子を

窮地に追いこむのだが。平和な時だって子供だけで生きるのは無理だって。

440この子の名無しのお祝いに2006-12-26 21:12:36

>>1

おお、はじめてオレと同じ意見の人を見た。

戦時ならあのおばさんのように厳しくして当たり前。

720この子の名無しのお祝いに2009-07-11 03:43:33

>>1の意見に大賛成だよ

この映画は泣く映画でなく怒る映画

兄は妹を生かしたいなら体売るくらいしてから政府や日本に文句言え

自分で自分を追い詰めたこともない人間が外界のもののせいにするんだよ。

親戚にもゴマすれやカスが

そこまでして妹を思ったと言えるのでは

13この子の名無しのお祝いに2006-04-07 18:19:59

(´・ω・`)うちのお米やのに

(´・ω・`)なんで蛍すぐ死んでしまうん?

(´・ω・`)うんこビチビチやねん

(´・ω・`)にーちゃん、どーぞ

(´・ω・`)ドロップ♪ドロップ♪

(´・ω・`)にーちゃんなんで泣いてはるの?お腹でも痛いん?

14この子の名無しのお祝いに2006-04-07 18:59:36

>>13

うー。咄嗟に映像が頭に浮かぶ。切なくてあかん。

助けてあげられるなら助けてあげたい彼等を・・・。

48この子の名無しのお祝いに2006-06-26 00:42:39

うすっぺらいと思うなら自分がそれを凌ぐ見解を書いてからだなボケ

49この子の名無しのお祝いに2006-06-26 01:54:41

>>48

もううんざりなんだわ正直。同じような意見ばかりの繰り返し何十年やってんだ。

誰が悪い誰が好いスパイラルからいい加減脱出しろ。

50この子の名無しのお祝いに2006-06-26 10:34:13

>>49

何十年ってそんなに前から2チャンネルないだろw

それ以前から世間で言われてたのか

おまえの周りで言ってたのか知らないが

初めて考える人もたくさんいるだろうし

ここで改めて語りあってもいいんじゃないの?

だいたい全体観とかそんなの分かった上で

個人責任の重さを論じているんだよ

しょせん国と言っても個人の集合体なのだからな、

逆にいつまでも

不遇な時代がとか社会情勢がっていう責任の所在が

ハッキリしないお化けみたいなものを掲げて納得しようと

してる奴等の方が信じられないよ。

あの戦争に一方的な被害者も加害者も存在しないんじゃないのか?

戦争を始めた当時の日本軍、それを阻止しようとせず

結果的に加担してしまった国民、罪は同じだろう。

あえて一方的な被害者と言えるのは清太や節子ぐらいの

子供達ぐらいじゃないか?

52この子の名無しのお祝いに2006-06-26 12:01:43

>>50

>何十年ってそんなに前から2チャンネルないだろw

>それ以前から世間で言われてたのか

誰が2ちゃんねるだけの話をしてんだよ。

この映画が公開されたのは1988年、当時からかなりの議論が

繰り返されてきた。

草の根ネットやニフティ・サーブなどの掲示板でさんざん語られ、

2ちゃんねるが出来てからも毎年「映画作品板」などで同じような

誰が悪い誰のせいだ誰が死ねと、くだらない議論がループするだけ。

それで結論が出るならまだしも、だらだらとてめーの主張を繰り返し、

相手を罵倒したり、電波扱い、あげくには完全なキチガイが参加して

西宮のオバハン攻撃が毎年毎年繰り返されている。

改めて考える程、もう新鮮な議論なんて無いということだ。

本当に語り合いたいなら、せめて新鮮で目からウロコの視点から

この映画を語るべきだね。まあ、そもそも

>食い物が無ければババァが飢え死にすればいいだけ

こういうガキまるだしのような事を言ってる奴とは、まともな議論など

望めるわけもない。

53この子の名無しのお祝いに2006-06-26 16:11:32

>>52

ネットオタクのおまえの価値観が世の中のすべてなのね

もっと読解力を身につけてから書きこみしてくれ、

俺の意見をろくに読みもせずここがおかしいって揚げ足取りか

反論する気すら起きない。

675この子の名無しのお祝いに2008-01-06 23:34:47

>>52

超カメレスですが、(かつ、酔っ払ってますが)

>誰が悪い誰のせいだ誰が死ねと、くだらない議論がループするだけ。

何十年も議論が続いてるってのは、それだけ作品が、

いろんな意味で深いんじゃないのかなぁ。

単なる反戦映画でもない、お涙頂戴だけの映画でもない。

戦争という、人間の歴史の極端に異常な、しかしず〜っと続いている

状況を根っこの方から描いているのではないの。

54この子の名無しのお祝いに2006-06-26 19:23:28

>>53

厨房の落書きなどに読解力なんて動員出来るかよw

ドアホ。

原作と映画を100回見てから意見しやがれボケが。

55この子の名無しのお祝いに2006-06-26 19:51:11

>>54

育ちの悪さが一気に出たな、そんな言葉使いしている

者の意見になんの説得力があるんだよ

おまえのような奴には人間がどうあるべきかなんて

語る資格はない。

庶民の顔した悪党ってのはまさしくおまえの為にある言葉

だな、そのうち絶対犯罪を起すんだろうよ。

犯罪者が見るような映画

63この子の名無しのお祝いに2006-06-30 19:00:03

当時の7000円って今だとどのくらいなんだろう?

かなりの額だと思うが・・・・

68この子の名無しのお祝いに2006-07-02 14:19:13

>>63

昭和20年の大工の日当が36円。昭和21年の教員の初任給が400円。

昭和20年の700円なら、今の70万円ぐらいじゃなかろうか。

69この子の名無しのお祝いに2006-07-02 14:44:06

>>68

700円じゃなくて、7000円ですな。ってことは700万か・・・。

6月から9月までのあんな短期間で、どうやってそんなにつかっちゃったんだろうなぁ。

そんなにインフレだったのか。にしても、ありえないわな。

75この子の名無しのお祝いに2006-07-06 00:39:10

>>69

昭和20年だとしたら食料は完全配給制で隣組に入っていなければそれが受けれなかったそうですわ。おばさん家を抜け出した

清太と節子は当然配給受けれないわけです。ほんで、どうするかっていうと、法外な値段で食料を売りさばく闇市に頼るんですわ。

だから7000円も短期間で使い切ってしまうわけなのでした。

73この子の名無しのお祝いに2006-07-03 23:55:27

いちいち人の意見に噛み付いてくるおまえのような人間の方が痛い

気に入らなければ「その意見はおかしくないですか?」と

普通に言えば聞くんだよ馬鹿野朗、いちいち口汚く罵られてまともな対応ができるのかおまえは?

今までの言動から見てもそんなの来るはずないよね、自分が出来ない事を人に押し付けるな。

74この子の名無しのお祝いに2006-07-04 02:58:58

>>73

おまえ・・・どうしようもないな。

おまえの破綻した厨意見など誰も相手にしないってなぜ理解できんのだ。

まともなレス返せるだけのものを書けよ。書けるもんならな。

77この子の名無しのお祝いに2006-07-06 20:20:29

>>74

どこがどう破綻しているのか詳しく説明ください、

答えようともしないのに罵倒するのならおまえは基地害、ネット弁慶。

78この子の名無しのお祝いに2006-07-07 23:36:23

>>77

ぐひゃひゃひゃひゃぁ!

てめーなんざに答える口は持ってネ〜って言ったろ?

だいたいなんで他人の子供に自分達が食う分を減つってまで与えなきゃいかんの?

意味分からん。

俺だったら大量に自分達用の米が余っててもガキなんぞに与えたくないね

保険の為に保管しておくのが基本、

誰が死のうと関係ない。

80この子の名無しのお祝いに2006-07-23 22:53:11

>>78

頭大丈夫?

115この子の名無しのお祝いに2006-08-06 22:12:19

ここではセイタ=馬鹿ってのが定説なの?

自分にはセイタのようなマネはできないと思うし

妹思いで偉いと思ったけど違うのか?

116この子の名無しのお祝いに2006-08-06 22:50:38

>>115

いやいや、誰がバカとかどーでもいいから。いい加減離れろって。

149この子の名無しのお祝いに2006-08-16 14:18:47

>「仕事手伝って」とかなにか促すような行動をとるべきだし

今のような指示待ち人間はぶっ飛ばされる時代だぜ?

150この子の名無しのお祝いに2006-08-16 14:43:51

>>149

時代を知らないのだなw

子供は保護されていた時代だぞ。

おばさんのような清太物資を使い込んおきながら、

手伝えとか客のように扱わない人間は、

村八分にされるのがオチ。

物々交換でも、それを口実に足元を見られるw

159この子の名無しのお祝いに2006-08-17 13:06:39

児童福祉法 終戦後昭和22年制定 まねすんなアフォが

162この子の名無しのお祝いに2006-08-17 14:18:02

叔母さんはあるときから清太を露骨に追い出しにかかってたから

そもそもあの家に置きたくなかったのはあきらかだろうな。ただ、

「そないなこというても連絡先わからへん」

(東京の親戚を頼れと言われ電車のなかでつぶやく)じゃなくて、

「連絡先がわからんのです。せめて父に連絡がとれるまでここに居させてください」

とはっきり叔母さんに告げるべきだっただろうし、

「謝ってあの家に置かせてもらい」

(農家の老人に諌められて)

「わかりました。叔母さんに節子の病気のこと聞いてみます」

だっただろうな。

節子が息を引き取るまで自分でなんとかできると思ってたんだろうな。

妹の生死に関わる大事な局面でまでなぜ大人を頼らないんだ清太よ(ノД`)

163この子の名無しのお祝いに2006-08-17 14:27:01

>>162

水交社が出てこないという

考証のなってない作品だから、

そんな主張は無駄w

166この子の名無しのお祝いに2006-08-17 17:46:44

>>163にあは原作・アニメどちらかに限定しているような記述は無い。

169この子の名無しのお祝いに2006-08-17 18:23:41

ID:5DNIjShuはおそらく、叔母さんは自業自得ではないと

粘着に言い続けている真性キチガイには間違いないw

叔母さんは清太を疫病神と言い切って不利益を被っているのならば、

最初から世話を引き受ける約束をしなければよい。自業自得だ。

194この子の名無しのお祝いに2006-08-17 19:21:29

どーでもいいって何年言っても理解できないらしいw

おばはんは、めちゃめちゃ自業自得だよ。

そんなことも知らないのか。キチガイだなぁ〜。

225この子の名無しのお祝いに2006-08-18 20:25:18

ちゃんと議論をしろよ!

その上でどっちが正しいか判断すべきだろ。

ID変えてとかどうでもいいよ馬鹿野朗

オバハン擁護の馬鹿と議論してたの軽く俺だけど

いちいちID変えたりするかって、第一ダイヤル回線じゃねーし

当時の状況とか言っても

子供を見捨てる大人が正当化されていいのか?

大人は子供を守らなきゃいけないだろ

その基本の上に立ってセイタの判断は駄目だと

言うなら分かるが

まずオバさんの正当性ありきとするからおかしい

先に子供の間違いを叩くような馬鹿があるか。

226この子の名無しのお祝いに2006-08-18 20:31:23

>>225

叔母さん擁護の池沼は、

>>169に論理的に反論できないだけだから

スルーが宜しいかと。

>子供を見捨てる大人が正当化されていいのか

それについては、>>150さんの意見が正論だよ。

227この子の名無しのお祝いに2006-08-18 23:10:07

>>226

>スルーが宜しいかと。

そうですよ!スルーしましょう。今後絶対に反応しないようにしましょうね。

きのうはかなりの人が1人を叩いているようでしたが、

ああいうのは大人として見苦しいです(子供ならしょうがないけど・・・)。

自分はまだ18歳ですが、なんかいやなものを感じました。

どんな理由であれ、恥ずかしい行為はやめましょう。

あと、このスレは議論をしたい人が多いようなので、1人の人が

「>>○○さんの意見が正論だよ」などと決め付けるのはどうかと思います。

別に誰が主導権を握っているっていうわけじゃないんだから、

貴方が決め付けたところで、誰も納得しないはずです。

228この子の名無しのお祝いに2006-08-18 23:44:58

>>226

こいつは

仮に船に乗っててそれが沈没して救命ボートに乗って

子供が助けを求めたら

これ以上乗ったら沈むから駄目っていうんだよ

あとであの時の状況を考えるとあれは正しい判断とか平気でぬかす

そういう奴。

人間の基本原理から外れてるから議論しても

無駄かもね。

>>227

でも一人の人が言ってるんじゃなくて

多くの人がオバサン持ち上げにはうんざりしてるでしょ?

確かに決めつけ暴論は良くないけど

誰かが

「子供を見殺しにしてもいいじゃないですか」って主張して

それも一つの価値観ですね〜などと

冷静に受け止めるのもどうかしてると思うぞ。

233この子の名無しのお祝いに2006-08-19 09:58:46

>>225

叔母さんは清太を引き受けると約束しておきながら

最後には東京の親戚を頼れと、清太があの家を出て行くことになる原因をつくった。

ふたりが出て行くときもあてもないといってるのに

別段そのことについて心配するわけでもなく、平然と見送った。

叔母さんは非道いヤツだね。それでいいじゃん。

見たとこ最近そのことについてお前さんの意見に異を唱えてるひとはいないようだし、

誰かがそのことについて意にそぐわない書き込みをしたら

そのときあらためて自分の意見を述べればいいんでないの。

>>227

議論ってより単なるインネンつけだな。

で、断定もやってんのは自己弁護の自己レスで、

それがあからさまな自演だったりするからドン引きするんだってこと。

235この子の名無しのお祝いに2006-08-19 16:20:40

ID:DT4tUqLPとID:2UciiBW5は真性キチガイの自作自演w

236この子の名無しのお祝いに2006-08-19 18:45:54

>>235

DQNを煽らないように。

>>227

そうりゃそうだろうけど。

この火垂るの墓に粘着するDQNは、

おばさんを何が何でも擁護したいのか、

>>169の解説している「おばさんは自業自得」という

ことさえ認めようとしないんだよ。

認めるかどうかは人次第で、

根拠があるはずだから、

その認めない根拠つまり反論だな、それすらしない。

どう考えてもおかしいでしょw

>>228

それなら簡単に論破されているけどね。

>>150の解説で。

おばさんを擁護したいのなら、

その反論があればこれも述べるべきだろうけど。

238この子の名無しのお祝いに2006-08-19 20:31:19

>>236

いや、だから誰に向かって吼えてんのさ?

240この子の名無しのお祝いに2006-08-19 23:59:44

>>236

>この火垂るの墓に粘着するDQNは、

>おばさんを何が何でも擁護したいのか、

>>>169の解説している「おばさんは自業自得」という

>ことさえ認めようとしないんだよ。

おたくらがこれまでどこでどう争っていたかは知らないけどさ、

はっきりいってわけがわからない。

あんたがいうDQNという奴の発言を見たところ、>>194でちゃんと

「自業自得だよ」って認めてるのでは?(そもそも何だ?自業自得って・・・)

それに対し、わずか11分の間に9つもの単発IDがレスしているのは

どう見ても異常(この板ではね)。

見たところ5DNIjShuはおばさんの話など一度もしていないし。

スルーしろしろといいながら何度も粘着してるし。

あと、連続して書き込まれる単発IDのIPは容易に解析できるようになってるよ。

いい加減にしないと、恥をかくよ。

このスレを潰してるのは単発ID君も同様だってことを理解するんだね。

239この子の名無しのお祝いに2006-08-19 20:52:19

>>238の意味がよく分からないな。

ただの因縁付けかもしれない。

>>236の文面を見ても誰かに吼えている印象は無いが。

単にそれぞれにレスしているだけにしか見えない。

そもそも吼えている様子も微塵も無い。

241この子の名無しのお祝いに2006-08-20 00:31:45

>>240

ぜひ解析結果を公表していただきたい

2462402006-08-20 10:33:45

>>244

>なんか、機知外の自演ぽいのが出て来たが、

ハァ?自演してるのはおたくでしょ?僕はさっきからずっと同じなんだけど。

IDは変わってしまってるけどね。

自演する人間は、コテは使わないんだよ。それぐらい理解できないの?

>スルーするほうがよいのかどうか分らんな。

してもいいんですよ?別に。スルーという言葉が好きらしいけど。

>そのような逃げるような機知外を叩いているのが

>面白いからでしょう。

「逃げるような」の意味がわかりませんが。このスレに参加する人間は、

絶対に映画について話さないと逃げたことになるの?

てゆーか、もうすでにアホらしいんですが。

「何人もいるよ」なんて、誰も信じてくれないよ?

きのう書いたように、同じ人間が何度も何度もID変えてることぐらいは、

2ちゃんやってたらすぐわかるから。

初心者ならしょうがないけど、普通のユーザーならバレバレだからね。

キチガイという単語ひとつにしても、「機知外」などと変えてるようだけど

無駄な努力ですよ?

「>>236が言ってるように」ではなく、「>>236でも書いたが」でいいじゃない。

なぜ、おたくが複数いるように見せかけるか。

そういう人に限って、自分の意見に自信がないからでしょ?

2472402006-08-20 10:40:40

あと、

>作品で叔母さんははっきり清太のことを「疫病神」と発言してますね。

>完全にそれを描かれてますね。

>不幸な目にあっていなければ出てこない発言。

うーん、「疫病神」というのは単に面倒くさい子供を引き取ったからでしょ?

確かにおばさんは、あらかじめ清太を預かると約束してたけど、

まさかこんな反抗的な子だとは思ってなかったはず。節子も思いのほか

なつかないし、うるさいし、かわいげがない。

ただ、おばさんはあくまでも立場が上であり、別にあの程度で「不幸」だとは

とても思えませんが。

別に疲れてもいないし悩んでもいない。近所から責められてるわけでもないし

やつれてもいないでしょう。

二人を預かることより、戦争で日本が負けることの方がよっぽど不幸でしょ。

一般人が考える自業自得っていうのはね、もっとエライ目に遭うことですよ。

二人の子供を、「預からなくてもいいのに」物資に目がくらんで預かり、

そのお陰で家が焼けたとか、病気になったとか、死んだとか。

あの程度じゃ、とても「自業自得」とは思えませんね。

248この子の名無しのお祝いに2006-08-20 13:25:41

>>247

関係ないけど、一言自業自得談義に参加させてもらえば、

「面倒くさい子供を引き取ったから」ということ自体に

不幸な目にあっているとしか言いようが無いのでは?

別にあの程度で不幸と思えないというのは価値観の相違としか言いようが無いけど、

疫病神とわざわざ声に出して言うくらいだから、

相当心では負担に思って不幸と認識していると考えられるね。

だから、節子の夜鳴きなどで苦言を呈しているところを見ると、

疲れてもいないし悩んでもいないとは考えられない。

心で負担に感じて不幸な目にあっているとしか言いようが無いと。

まあこれは価値観の相違としか言いようが無いけど。

だけど、疫病神という表現を声に出して

台詞に言わせることから、一般的にも

不幸な目にあっていると判断してもいいね。

心で呟いているレベルじゃないから。

声に出して言うのは相当なレベルのことだよ。

とても自業自得じゃないとはいえないね。

249この子の名無しのお祝いに2006-08-20 13:38:47

別に不利益を被ってるって程でもないに1票だね。

最後まで清太の面倒みてればまだ同情もできるけど、オバさん途中で投げ出してるし。

ただ単にいつもの嫌味が「疫病神」って言葉で噴出したように観てたけど。

そもそも不幸だなんだっていい始めれば、幸福か不幸かなんて

あいまいな概念、観る当人によってどうとでも受け取れること。

んなもん論じる価値すらない。

250この子の名無しのお祝いに2006-08-20 13:57:26

>>248

自演キチガイ野郎をスルーしろって。

「預からなくてもいいのに」とか

疫病神というのは不幸ではないとか

主張が全然変わっていない。

常識離れしているからね。

水交社が本来世話をするはずだから、

オバハンは預かる約束をする必要は無かったわけだけどね。

>>249で早速腹話しているし。

253この子の名無しのお祝いに2006-08-20 14:02:34

>>250

>>>249で早速腹話しているし。

あんた、ホントにアホじゃないの?

もう哀れだよ・・・。

スルーしたいならどーぞ。できるもんならね。

299この子の名無しのお祝いに2006-08-20 19:30:38

>298

叔母さんを粘着に擁護するような池沼ですから、

皆叩くの楽しんでいるんですw

300この子の名無しのお祝いに2006-08-20 19:39:59

>>299

叔母さんを粘着に擁護→キチガイ

わけがわからない。

何?こいつ。

301この子の名無しのお祝いに2006-08-20 20:06:54

>>300の白々しいとぼけぶりには失笑する。

わけがわからんことを言ってるのはID:ql7DDM6s自身だということに気づかない。

308この子の名無しのお祝いに2006-08-21 18:42:27

「叔母さんはさほどの不利益も被ってない」とか

「そもそも「自業自得」ってなんなのか」という考えが、

まず理解できないな。常識離れしている。

疫病神という言葉を発言するということ自体、

よほどの不利益を被っていることの証明なのに。

それに初めから世話をする約束なんてしなければ

不利益を被らずに済んだのだから、自業自得だと明らかなのに。

309この子の名無しのお祝いに2006-08-21 19:11:32

>>308

ちょっと上から読んでみたけど、自業自得にこだわることが

サッパリわからない。

なんでそんな議論になってるのかが。

自業自得だから、どうなわけ?

この映画になんか関係あるの?おばさんが仮に自業自得だからって、

それを認定したことで何になるのかが全然わからないんだけど。

自業自得という話を好んでしている人たちは、何がいいたいの?

おばさんってそんなに重要な人物じゃないよね?

初心者にも教えてくれませんか?

ちなみに蛍の墓は今年初めて見ました。

310この子の名無しのお祝いに2006-08-21 19:25:57

自業自得談義にこだわっているのは、

自業自得ではないと言い張っている人だと思うなあ。

自業自得だからってそれを認定したことで何になるのかというような問題じゃなく、

単に作品の考察をのべているだけだから、

何になるのかという質問は不毛だよ。

ただ、疫病神という表現のグチなど言ってる人を不幸ではないという

理解しがたい思考を疑問視されているだけだろう。

314この子の名無しのお祝いに2006-08-21 20:04:12

>>312

>あなたの考える自業自得とはなんなんですか

お前の方が違和感感じる。

スレを全部読めよ。

すべて証明されているから。

>>169氏が完全に証明しているのに理解できないとは

日本語が理解できないのと同じ。

316この子の名無しのお祝いに2006-08-21 20:59:46

なんかこう、疫病神と自業自得の話から何も進展しないのは

なんかの冗談なんですか?

僕はさっきから、「だからなんなんですか?」って聞いてるのに、

それ以上のことがかかれてないから。

>>314

僕は確かに日本語は得意じゃないけど、

>>169さんが何を完全に証明してるんですか?上の二行は別にして

「叔母さんは清太を疫病神と言い切って不利益を被っているのならば、

最初から世話を引き受ける約束をしなければよい。自業自得だ。」

これには何の証明もありませんよ?

自業自得だ。で終わってるからこそ、だからなんなの?って聞いたのに。

なんで答えてくれないんですか?

317この子の名無しのお祝いに2006-08-21 21:06:17

>>316の方が何なのか?という気がする。

>>310さんも「だからなんなんですか?」という問い自体不毛だといってるのに。

「これには何の証明もありませんよ?」の意味も全く分らない。

自業自得だ。で終わってることが何故いけないのかそれも分らない。

分らない意味不明のものに誰も答えることができるはずが無い。

324この子の名無しのお祝いに2006-08-21 21:17:22

>>317の質問にも何も答えておらんようだな。

365この子の名無しのお祝いに2006-09-07 04:11:17

小学生の頃学校の先生に、原作者か監督自身も戦争で妹を亡くしたと聞いた事がある。

その時もちろん悲しかったけど、ホッとした部分もあったらしい。

実話かな?

あと原作者か監督のどちらか、7年くらい前ダニアースのCM出てたって本当ですか?

366この子の名無しのお祝いに2006-09-07 05:03:14

>>365

なにをいまさら。

原作者は以前はタンスにゴンのCMにも出演していた演歌の岩窟王だぞ。

367この子の名無しのお祝いに2006-09-07 13:19:01

>>365

野坂先生は、あの「ソ、ソ、ソクラテスかプラトンか ニ、ニ、ニーチェかサルトルか」の

めちゃめちゃ有名なCMに出られた方だぞ。

さらに、アルバイトニュースのCMでもヒットを飛ばされた。

妹さんも節子と同じように亡くしたという話はあるが、生きているという話もある。

3683652006-09-07 20:19:26

>>366

>>367

そ、そうだったんですかっ!無知ですみませんでした;;

教えていただきありがとうございました。

375この子の名無しのお祝いに2006-09-11 18:42:13

>>374

名劇の「母をたずねて三千里」からこのかた頑固で思い込みが激しくて

ちょっと屈折した主人公が続いてたからね。

清太もアレなところがあるけど、なんだかんだ言って

作った監督の好きなタイプの主人公ではあると思うんだよね。

清太の「あそこでなんとかしてればなぁ」ってところは数々あれど、

やっぱり心の底から非難する気になれないのは、

節子を思う気持ちが画面を通してこれでもか、と伝わってくるから。

あんなことになるまで穴蔵にこだわったのは、誰にも邪魔されずに

かつての家庭の再現がしたかったからだろうし、

誰にも頼らずに父代わり、母代わりが出来ると思ってたからなんだろうなぁ。

376この子の名無しのお祝いに2006-09-12 16:18:22

>>374

どこが正論だよ、キチガイw

叔母さんの家へ行けば、何も持たない清太らは邪魔なだけw

水交社が無いのがおかしいだろw

380この子の名無しのお祝いに2006-09-12 22:15:11

>>376

んー…。どうでもいいけど例えば宮崎監督のかつてのインタビューみたく

海軍の士官というのは、確実に救済し合います、仲間同士だけで。

巡洋艦の艦長の息子は死なない、それを僕は許せないんですよ。

日本における戦争の具体的なことをあいまいなまま、

あの巨大な間違いの時期をすべて悔い改めようということでは、

いっこうに戦争にたいするリアリズムが芽生えないと僕は思うんです。

ってそっちのほうには絶対ならないんだね。貴方の話。

本当は海軍の素晴らしい親睦団体があるのにそれを出さない原作、アニメは

おかしい…って話に終始している感じでさ。

別にそれは各々の感じ方だからかまわないとは思うんだけど、

いまこの場でその話を持ち出しても実際意味ないよ?

みんなそんなこと百も承知で話をしているわけだしさ。

430この子の名無しのお祝いに2006-12-20 20:31:48

叔母さんは小ずるくて、それでいて厄介者だと感じてる兄妹に対し、

世間体を気にしてか、時勢の大義名分を盾にしなければ

嫌味のひとつも言えない小市民的悪役。

とはいえ清太の行動も無鉄砲すぎてけして誉められるものではない。

自分も叔母さんの役どころはフツーに悪役で間違いないと思ってるが、

清太のヘタレぶりも念頭においてハナシをしないと「誰々が悪い〜」とか

進歩のない話題で延々ループするんだよな。

要はヘタレ兄貴を哀憐の情を持って観れるかどうか、それだけの差。

433この子の名無しのお祝いに2006-12-24 19:39:58

妹を見捨てて自分が生き残る事だけしか考えないだろう>>430のような者にセイタを悪くいう資格はない。

434この子の名無しのお祝いに2006-12-25 19:24:33

>433

いつオレが妹のことにまで触れたよw

435この子の名無しのお祝いに2006-12-25 22:35:48

>>434

おまえがセイタと同じ状況にさらされたら確実に妹を見捨てるという事が

話してる内容に全て現れている。

嫌でもおばさんのとこでがんばるのが真の愛とかちゃんちゃらおかしいw

どっちにしてもそんな事できるわけがねぇだろう愛のないおまえには。

4374302006-12-26 20:37:39

>>435

いや、だからさ。

>妹を見捨てて自分が生き残る事だけしか考えないだろう

とか、

>確実に妹を見捨てるという事が話してる内容に全て現れている

とか、

>嫌でもおばさんのとこでがんばるのが真の愛

とか、

触れても書いてもいないことをこのオレに言われても返答に困るわけだが…。

(だいたい愛ってなんだ?そんなこっ恥ずかしい文面書いた覚えないぞ?

誰か過去に遭遇した他のヤツとオレを間違えてないかい?)

449この子の名無しのお祝いに2006-12-30 20:44:19

戦災孤児の扱いってホントひでえよな。戦争直後で行政にもそこまで手が回らなかったんだとは思うが。

冒頭の神戸三宮の駅の構内で清太を含めた浮浪児が、次々死んでいくのに周りの人間はそれを「見えない」

ものとして扱ってほとんど無関心だもんな。実際あんな感じだったんだと思うけど、人間の神経って

それを「景色」として認識してしまえれば、いくらでも無意識的に残酷になれるもんだと思った。

535この子の名無しのお祝いに2007-09-22 21:09:06

>>449

昨日テレビで初めて観たんだが、

何に驚いたって、

終戦後すぐに綺麗な恰好して蓄音機を聴いてたお嬢さん方もいたということ、

戦時中も銀行が機能していたということ。

一部階級にとっては、戦争も成り上がるための手段。

戦争特需万歳、の奴等も居たということ。

501この子の名無しのお祝いに2007-09-12 23:48:26

今月、火垂るの墓あるんでしたっけ?

503この子の名無しのお祝いに2007-09-13 11:34:04

>>501

28日

504この子の名無しのお祝いに2007-09-14 03:07:43

>>503さんが親切に教えてくれたょ…

ウワァァ━━━━━。゜(゜´Д`゜)゜。━━━━━ン!!!

508この子の名無しのお祝いに2007-09-15 13:01:37

>>504-505.507

503です、間違っててすいません・゜・(つД`)・゜

21日日本テレビPM9:03でした

526この子の名無しのお祝いに2007-09-22 13:46:09

>>522

本物のバカですね、オタク。

536この子の名無しのお祝いに2007-09-22 21:27:52

>>535

戦中派の書いたエッセイでも読んでみれ。

攻撃対象となる軍事施設や生産拠点のある大都市以外は、戦時中でもほとんど日常とかわらん生活だ。

日中戦争の延長戦上だから別に戦争で日常生活が一遍するようなことはない。

539この子の名無しのお祝いに2007-09-23 00:51:35

昨日初めて見た

清太さんが 10代にありがちな意地っぱりで節子が死んだ

と思いました

あれだけ節子を可愛がってたんだから、おばさんに頭を下げて詫びを入れるくらい、

何て事はなかったんではないかと思う

545この子の名無しのお祝いに2007-09-23 11:46:18

>>523

「お星さまのレール」だな。

映画は見たことないがアニメ絵本は読んだことある。

551この子の名無しのお祝いに2007-09-23 21:21:22

原作って講談みたいな文体だから、感情移入しなくていいというか

「文芸」として読む余地があると思う。

でも、アニメ版って、泣きのための泣きじゃん?

死んだから悲しい話ってのが納得いかん

552この子の名無しのお祝いに2007-09-23 22:47:54

>>551

高畑はリアリズム志向だから、演出的に「泣かせよう」っていうのは極力排除してたと思うぞ(節子が亡くなるシーンなぞものすごくあっさりしてる)。

そして過度な演出を排除したがゆえに、より残酷に人の心に訴えかけるモノに仕上がってる。

それから幽霊が出てくるところにも注目して欲しい。

以下はパヤオの言葉。

「二人の最大の悲劇は生命を失ったところではない。

コプト教の修道士のように魂の帰るべき天上を持たないところにある。

あるいは母の様に灰となって土に化していくことも出来ないところにある。

(中略)

『火垂るの墓』は反戦映画ではない。生命の尊さを訴えた映画でもない。

帰るべき場所の無い死を描いた、恐ろしい映画なのだと思う。 」

558この子の名無しのお祝いに2007-09-24 04:33:55

>>552

原作はもっとあっさりしてるぞ。野坂本人と同じように、妹の死に目にすら会っていない。

「八月二十二日昼、貯水池で泳いで壕にもどると、節子は死んでいた。」

節子の死のシーンと埴生の宿の流れる回想は、完全に泣かせるために作られたとしか思えん。

561この子の名無しのお祝いに2007-09-24 11:32:54

>>558

知っとるよ。映画でも死に目にあってないじゃん。ナレーションが入っただけ。

それから回想シーンはアニメならではの表現だと思ってる。

そこまでかたくなに「泣かされる」のが嫌ならもう何も言わんわ。

個人的には幽霊が映画を見つめ続けることによって、視聴者が一定の距離を置いて観れるように作ってあると思うがな。

大体映画のしょっぱなで死んでるのに「オチで死ぬから可哀想なんでしょ」って感想もないと思うが。

562この子の名無しのお祝いに2007-09-24 12:29:13

>>561

泣かされるのが嫌なんじゃなくて、映画は原作よりも明らかにエモーショナルに

兄妹への感情移入をさせるように作っていると言いたかっただけのこと。

原作の清太は父親の死を悟った時点で既に生きる目的を失っているように読める。

結局のところ節子を守ろうとしたのも、父親に対する責任以上のものではなかったのに

それを美しい兄妹愛の物語に読み替えた手腕は見事だとは思うけどね。

564この子の名無しのお祝いに2007-09-24 15:13:14

>>562

原作読んどいてそれですか。責任感だけと読み取れましたか。

ちなみに小説版は短いけど関西人以外には読みづらいと思う。それと他の話がひどい。

568この子の名無しのお祝いに2007-09-24 23:10:26

>>562

うーん。そうかなぁ。

原作はもう情念だけで書いたような感じだと思うけどな。

そんで罪の意識からか清太を無惨に死なした。いわば野坂の代理自殺。

まあ物語自体が「お涙頂戴」に見えるのはいたしかたないかも。

でもそれだけで済ませてしまうのはもったいないと思う。

574この子の名無しのお祝いに2007-09-26 01:36:04

この映画は私の中ではアニメ部門No.1であり、実写を含めてもトップクラスの作品です。

原作もいいですが、高畑監督が細部まで拘った緻密な出来栄えと節子役の白石綾乃ちゃんがとにかく最高。

でも、ひとつだけ納得がいかないことがありました。

なぜ清太は貯金が残っている状態で節子を死なせてしまったのかということです。

盗みを働いたり、ましてや空襲下の火事場泥棒なんて命を危険に晒してまで食料を漁るのは、普通に考えたら貯金が尽きた後でしょう。

清太が節子と二人で反社会的な横穴暮らしを始めてしまうのは、14歳の子供の心情からくる行動として理解できますが、

なぜ妹を栄養失調で死なせるほどのところまで貯金を残しておく必要があったのかは理解できません。

すっきりと腑に落ちた方がいたら教えてください。

575この子の名無しのお祝いに2007-09-26 01:53:35

>>574

節子が死ぬあたりでは、もう貯金が尽きてるんだよ(あんなに大金を?って疑問は無しで)。

実際に農家のおじさんが売ってくれないシーンがあっただろう。

お金が残っていたら、清太も戦争孤児になどなってないよ。

最後は乞食みたいになって駅構内で飢えて死んで行くんだから。

576この子の名無しのお祝いに2007-09-26 04:19:18

>>575

あなたは作品をちゃんと見ていませんね?そんな単純なことなら私は疑問には思いません。

清太は節子が栄養失調で倒れて医者に連れて行った際、「滋養をとれ」と言われてようやく貯金を全部下ろす行動に出ており、実際に映画でも節子にそのように告げています。

実際そのお金で白米や卵など滋養のある食料を買いだしています。

ちゃんと映画の詳細まで見ている方で腑に落ちた解釈の出来た方に>>574の疑問を解いていただければ幸いです。

595この子の名無しのお祝いに2007-09-27 12:40:54

>通常、水交社は疎開先等まで探し出すものだがw

こんな電波を飛ばすキチガイがいるので、水交社の話題は以下禁止な。

頼れば助けてくれる機関はあったが、清太は知識がなかった、あるいは

他人の世話にはなりたくなかったのでそうしなかったということで。

597この子の名無しのお祝いに2007-09-27 14:34:09

>>595←こんな電波を飛ばすキチガイがいるので、水交社の話題は以下禁止な。

頼らなくても向こうから助けてくれる機関はあったが、原作の作者は知識がなかった、また

映画の監督は知識がなかったのでそういう作品になってしまったということで。

695この子の名無しのお祝いに2008-08-07 14:44:58

ビデオでアニメを見たときはただただ泣いた

何が原因で誰が悪いのか自分には未だわからない

727この子の名無しのお祝いに2009-08-13 18:58:32

この映画の魅力、最大のポイントは節子の『声』だと思う

「お兄ちゃ〜ん…」

声優の声質でかなり印象が違うだろうね

729この子の名無しのお祝いに2009-08-14 19:37:07

>>727

実際5歳の女の子がアフレコしたらしい。

もう反則技・・・。

今日TVでやるが俺は見ない!

この映画見るたびに号泣するし、救いが無くて辛すぎる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする