メッサーシュミットのエンジンのパテントを買ったにも関わらず水冷エンジンが作れなかった日本軍

1名無しさん@涙目です。

今秋ネットオークションに出品され話題になっていた旧日本陸軍の戦闘機「飛燕(ひえん)」を、岡山県倉敷市でオートバイ部品の製造販売会社を

経営する武浩さん(53)が落札、30日に納品された。太平洋戦争の南方戦線で任務中に胴体着陸したらしく、主翼や胴部が大きく破損しているが、

エンジンなど機体のほとんどが残された状態で、武さんは七十数年ぶりに“帰国”した機体を前に「自分たちの手で復元し、

いつか多くの人に見てほしい」と意気込んでいる。

4名無しさん@涙目です。2017-12-01 12:26:56

>>1

水車作れない国があったらしいよ

9名無しさん@涙目です。2017-12-01 12:31:57

>>1

おじいちゃんちゃんとアテントはかなきゃまたもらしちゃうでしょ!

52名無しさん@涙目です。2017-12-01 13:43:03

>>1

カワサキだし仕方ないだろ。

113名無しさん@涙目です。2017-12-01 17:47:21

>>1

軍用銃の部品を3Dプリンタで作ってる国があるらしいね

耐久性がおもちゃ以下で100発撃たないうちに壊れるらしい・・・

116名無しさん@涙目です。2017-12-01 17:53:28

>>1

70年前のこと蒸し返して何がいいたいのかわからん。どうせ当時の事情も知らないで書いたんだろ。

それより今でも車のエンジン作れない国があるらしいんだが、そっちの方を取り上げないのはなぜか小一時間問い詰めたい。

205名無しさん@涙目です。2017-12-02 18:47:00

>>1はマリア・マンテガッツァの冒険の最新刊でも読んで触発されたん?

112名無しさん@涙目です。2017-12-01 17:45:54

>>4

比較対象が朝鮮とか、日本ももう

終わりだな

11名無しさん@涙目です。2017-12-01 12:36:37

エンジンに限らず機体のドンガラですら同じ機種の

異個体で共食い出来ない製品レベル

20名無しさん@涙目です。2017-12-01 12:49:06

>>11

ISO9001などの品質マネジメントシステムを馬鹿にする猿が増えてるから、日本人が戦前まで退化した証だろうなぁ

土人国家の仲間入りまで秒読みだな

16名無しさん@涙目です。2017-12-01 12:47:55

プロペラ機で水冷は重量増になる

だから使わなかった

28名無しさん@涙目です。2017-12-01 13:05:10

>>16

2輪車でも70年代までは「空冷の方が軽量コンパクト」って考えだったが、レース用の高出力化の熱量に耐えられずヘッドが歪むレベルまで行った。

ターボ化で高出力化、高高度対応してるからすでに熱的に限界に達してたはず。

17名無しさん@涙目です。2017-12-01 12:48:15

陸軍の三式戦飛燕はこの水冷ダイムラーエンジンを搭載してるのに

そんな事も知らんのか

26名無しさん@涙目です。2017-12-01 13:03:56

>>17

南方に空輸しようにもエンジンの不調で途中で脱落しまくりで、わずかしか届かない、

その届いた飛燕もエンジンの他至る所で故障が頻繁して、役に立たない。

おまけに空中戦では、ゼロ戦や隼よりもどん亀で撃ち落とし易いって米軍に笑われてたからな

31名無しさん@涙目です。2017-12-01 13:10:22

>>20

まだISOが品質保証してると思ってる猿が生きてるんか

38名無しさん@涙目です。2017-12-01 13:15:06

>>20

お前アホかもっと磯について勉強せんと

71名無しさん@涙目です。2017-12-01 14:37:33

>>20

磯ってすげーんだな

馬鹿にしてましたごめんなさい

73名無しさん@涙目です。2017-12-01 14:38:24

>>20

環境

94名無しさん@涙目です。2017-12-01 15:50:04

>>20

上げておこうか

164名無しさん@涙目です。2017-12-02 11:44:56

>>20

これがバカの象徴だな

114名無しさん@涙目です。2017-12-01 17:50:20

>>26

そういう例もあるが全てでは無いぞ調べろよ

北海道の松本という人が三式戦で戦った戦記がある

40名無しさん@涙目です。2017-12-01 13:16:11

>>28

この時代にはターボどころかスーパーチャージャーすら無いだろ

29名無しさん@涙目です。2017-12-01 13:07:31

空冷だと頭でっかちになって速度出せないと聞いたぞ

35名無しさん@涙目です。2017-12-01 13:14:05

ドイツ製なんて参考にするのが間違いだったんだよ

テキトーなアメリカ製にしとけばどうとでもなったろうに

56名無しさん@涙目です。2017-12-01 13:45:17

>>35

えーと…零戦の栄エンジンはP&Hのエンジンの改良ですが?

39名無しさん@涙目です。2017-12-01 13:15:42

>>32

うろ覚えで間違ってたらゴメンだけど、ショットピーニング技術導入時期の差が日本と欧米であって

バルブスプリングの性能、耐久性で大差が付いてたはず。

42名無しさん@涙目です。2017-12-01 13:18:58

>>40

ゼロ戦ですらスーチャついとるよ

45名無しさん@涙目です。2017-12-01 13:22:11

>>40

零戦はスーチャ、米軍はターボ使ってた。

B29は半ば使い捨てレベルの信頼性低い振り切った性能のタービン使ってたはず。

110名無しさん@涙目です。2017-12-01 17:44:27

>>40

ターボチャージャーの元は酸素の薄い高空でもエンジンパワーが出るように開発されたってのに。

255名無しさん@涙目です。2017-12-03 14:37:35

>>40

お前馬鹿だろ。 過給機技術は航空機派生の技術で1930年代でも普通に使われてるわ。

170名無しさん@涙目です。2017-12-02 13:11:57

>>42

クレスタしかしらん スーパーチャージャーなんて

231名無しさん@涙目です。2017-12-03 01:59:56

>>52

あのころの社名は、中島飛行機だろ

59名無しさん@涙目です。2017-12-01 13:47:53

>>56

P&Wだろ

60名無しさん@涙目です。2017-12-01 13:49:21

>>59

そうでしたw

70名無しさん@涙目です。2017-12-01 14:36:56

自慢のゼロ戦とやらも大戦初期だけしか活躍しなかったんだろw

中期後期になると攻略法がわかっちゃって性能の低さも相まって中国軍や韓国軍の飛行機にばたばた落とされたらしいなw

90名無しさん@涙目です。2017-12-01 15:36:13

>>70

戦時中は中国軍は空軍を持って無いぞ

育成中だったからパイロット候補生数名がソ連に行ったり

航空学校を設立してる創成期

中国自体が党分裂してたから集中運用出来なかったんだぞ

後、台南辺りの零戦は終戦直前まで活躍した

旋回能力がズバ抜けてるから、高速度と重装備の米軍機も格闘戦になったら手も足も出ず、逃げるしか無かった

120名無しさん@涙目です。2017-12-01 18:15:19

>>31

>>38

>>71

>>73

このスレだけで土人以下のカスが4匹もいるわけだし、日本終わってるな

91名無しさん@涙目です。2017-12-01 15:40:04

>>90

ネタにマジレスww

93名無しさん@涙目です。2017-12-01 15:42:11

>>91

たまに本気にするやつ居るから困るよ

中国や韓国の近代史を調べもせずに鵜呑みにする人達がいるから

95名無しさん@涙目です。2017-12-01 16:19:18

>>93

それどころか起源まで主張する始末w

96名無しさん@涙目です。2017-12-01 16:20:24

潜水空母の搭載機も液冷だけど

あんな整備も出来ないような

シビアなところに持ち込んでるんだから、

それなりに使えるモノだったんじゃないの?

127名無しさん@涙目です。2017-12-01 18:58:24

>>96

晴嵐は潜航中に潜水艦内で暖気出来るように造られていたから、浮上即発進出来るための水冷エンジン

102名無しさん@涙目です。2017-12-01 16:49:36

飛燕パイロットの手記を読んだんだけどエンジン関係の整備の悪さについては記述がないんですけどわざと書いてないだけ?

108名無しさん@涙目です。2017-12-01 17:40:05

>>102

ハズレエンジン引いた搭乗員は生き残ってないから手記も残せない

というか整備性の良し悪しは搭乗員より整備兵にとっての問題

104名無しさん@涙目です。2017-12-01 17:10:29

ダイムラーに海軍と陸軍がそれぞれパテント料払ったんだよな

一つの国から二重にもらえないって言っても強硬に支払うって聞かなかった

とか

どんだけ仲悪いんだよ海軍と陸軍

105名無しさん@涙目です。2017-12-01 17:23:27

>>104

陸軍がDB600の契約したすぐ後にDB601がでたから使わせてもらおうとしたらダイムラーが認めなかったので海軍がDB601とも契約したと言う話がねじ曲がっで伝えられたと聞いた。

ついでにインジェクションはボッシュの物だと言い張って寄越さなかった。

195名無しさん@涙目です。2017-12-02 16:54:19

>>45

戦闘機で排気タービン対はP-38とP-47だけ。

他は全て機械式過給器装備。

>>104

川崎一社でライセンス契約を取ったのにそれを愛知に流用しても良いの?

117名無しさん@涙目です。2017-12-01 17:54:53

>>105

そうなのか

海軍と陸軍の仲の悪さを面白おかしく誇張した

ヨタ話なんだろうかな。

125名無しさん@涙目です。2017-12-01 18:46:30

>>108,109

ありがとう

読んだ本は

あゝ飛燕戦闘隊

飛燕対グラマン

115名無しさん@涙目です。2017-12-01 17:53:12

>>114

秘めたる空戦はフィクションだから

あんなに無線の通じるジャップ機があるか

126名無しさん@涙目です。2017-12-01 18:57:33

>>115

無線機が使えなかったとかのデマ未だに信じてるとか昭和かよ

124名無しさん@涙目です。2017-12-01 18:42:09

>>117

まぁ仲は悪かったでしょかなり

機関砲はおろか機銃弾も違うんだし

共用できそうでもできないの挙げたらきりないけど

122名無しさん@涙目です。2017-12-01 18:33:00

>>120

見てるだけで顔真っ赤になってくる

129名無しさん@涙目です。2017-12-01 19:09:33

>>120

こう言う間違えてもごめんなさい出来ないアホが日本をダメにして来たんだろうな

工作精度が欧米の荒取り以下ってむしろ良く動いたもんだと思うわ

167名無しさん@涙目です。2017-12-02 12:49:53

>>124

確かレバー類の配置だか操作方法も逆と聞いた覚えが・・・。

開発者もさぞやり難かろう。

130名無しさん@涙目です。2017-12-01 19:24:27

>>126

生き残りが沢山いた昭和より

ネトウヨが歴史をクリエイトしてる今を信用できる理由は?

261名無しさん@涙目です。2017-12-03 19:52:36

>>130

陸軍機の無線はまともだぞ?少しは調べたことあるのか

263名無しさん@涙目です。2017-12-03 20:28:33

>>130

生き残りが自己の過去を正当化するために適当な嘘デタラメぶちまけてた昭和が正しいとか笑えるわ

138名無しさん@涙目です。2017-12-01 19:44:03

工作機械もセット購入しないと

236名無しさん@涙目です。2017-12-03 08:12:55

当時の日本は高精度の工作機械がなくて職人手作業だから精度の高いもの

つくれなかったんだよね。手でさわってやすりかけるなんてのじゃ限界。

ひとつふたつだけつくるのならともかく。

一番難しかったのは>>138のいうとおり長いクランクシャフトらしいよ。

精度が低いとがたがた振動してつかいもにならん。

空冷星形だと短くていいからまだなんとかなるけど直列だもんね。

といいつつ空冷星形の誉も無理に小型化高圧縮で個々のエンジンでパーツの

すり合わせしないと動かないもんつくってしまった。故障しても部品交換が

難しい。

そんな工業力で戦争しようとしてたんだからなあ。

今でも仕様命なとこはあるよね。

147名無しさん@涙目です。2017-12-01 23:21:15

DB系エンジンが当時でも複雑過ぎただけ

149名無しさん@涙目です。2017-12-01 23:27:30

水冷エンジンって高高度では凍らないのか

151名無しさん@涙目です。2017-12-01 23:32:51

>>149

水じゃないぞ

ジエチレングリコールだぞ

196名無しさん@涙目です。2017-12-02 16:56:47

>>151

熱田は水冷

173名無しさん@涙目です。2017-12-02 13:27:02

>>170

第2次大戦時はスーパーチャージャーが主流だぞ

アメリカだけがターボチャージャーを実用化してた

ターボは日本もドイツも試作機に付けてただけ

イギリスは2段2速式のスーパーチャージャーで高高度での高性能を叩き出した

184名無しさん@涙目です。2017-12-02 14:48:21

液冷はアメリカも苦手だった。

液冷最強はマーリンだがね。

オクタン価100以上換算のガソリン使用とはいえ零戦と同じ排気量で高ブーストで1700馬力だからな。

199名無しさん@涙目です。2017-12-02 17:38:56

>>195

国や軍の後ろ楯があったにせよ

契約はあくまで民間の会社対会社で結ばれた形だから

貴方の言う通り流用は不可

エンジン製造専門会社でも立ち上げていれば

良かったのかもね

214名無しさん@涙目です。2017-12-02 20:38:22

>>199

日本以外の国は機体メーカーと発動機メーカーは別だもんなあ。

212名無しさん@涙目です。2017-12-02 20:09:33

首なし飛燕を並べるくらいなら空冷換装をもっと早くしていればな

五式戦、ムスタングとそこそやりあったんだろ

218名無しさん@涙目です。2017-12-02 21:16:43

>>212

DB605をモーターカノン付きでまんま載せる事が出来たら良かったんだけど

それこそたらればだしなあ

ハ112-IIとFw190Aが日本にあって本当に良かった

246名無しさん@涙目です。2017-12-03 11:12:23

>>236

日本は貧乏だから、汎用工作機械は買えても、専用の精密工作機械が買えなかったからなぁ。

で、国産化しようとしたら、それを作るための工作機械もなく出来なかった。

一方、アメリカではネジ一本に至るまで高度に規格化されて、女工がコーラ飲みながら、専用工作機械で部品を大量生産していた。

勝てっこないわな。

247名無しさん@涙目です。2017-12-03 11:34:24

>>246

2式大艇の時だったか主翼の桁を削る機械がねぇってんで

国産は時間かかるからドイツに発注したら納期40日とか事実上即納

PS-1もこれ使って作ったんじゃなかったっけ

まぁ4発機はアメが万単位で量産したのに日本は100単位だからなー

250名無しさん@涙目です。2017-12-03 13:35:14

>>246

日本は小銃も部品の使い回しが無理だったと言うし・・・

260名無しさん@涙目です。2017-12-03 19:48:56

>>246

その頃、日本は女学生が金切りハサミでワッシャー作ってたからなww

253名無しさん@涙目です。2017-12-03 14:31:19

>>250

パーツの完全互換はドイツですら達成出来てなかったからね〜

アメリカがチート過ぎた

259名無しさん@涙目です。2017-12-03 19:02:15

そういえばあの当時金持ちが持ってたプガッティを陸軍が接収してスーチャの研究材料にしたらしい